九谷陶芸村祭り

conv0032.jpg
陶芸村の街路樹のイチョウが色づいて、11月1~3日は能美市泉台の陶芸村にある商店が「陶芸村まつり」(即売会)が催されていました。
今年は3連休になったので、例年より訪れる人も多いように感じました。
conv0022.jpg
陶芸村には県の高等技術研修所、歴史資料館や陶芸会館がありますが、

   九谷焼資料館
資料館の特別展示室の一角に曾祖父・久三郎(号・南久)の作品が陳列されてあります。
名の知れた古九谷の作家と一緒に並べられているのですが、明治時代に九谷焼の発展に功績があったようで、毎年、この時に立ち寄って先祖の作品を見ています。
100年経っても、その軌跡を作品として後世の人に見てもらえるのは素晴らしいことだと思いますが、僕の100年後はその存在していたことすら消えているでしょう。
conv0026.jpg
  色絵藤鶏図壷

conv0033.jpg
陶芸会館では生地作りから絵付け教室があって、研修生が親切に指導してくれます。

会館裏にある登り窯には5月の茶碗祭りと11月のこの日の年に2度火が焚かれて「やまぼうしの会」の作品が焼かれ、今日から3日3晩寝ずの番をします。

普段の電気釜で焼かれるものとは違った、面白い作品が出来上がります。
また、窯の前では、この会館を利用している陶芸愛好家の作品も即売されていました。
最近の九谷焼は昔のような三(五)彩と言われる色・絵付けのものが少なくて、ちょっと見ても何処の産地のものか分からないものが、多くなってきました。
たぶん、この方が日常的に使いやすくて、人気があるからだと思いますが、
conv0034.jpg
お土産にはやはり九谷焼らしいものを買ってきました。
[PR]

by hirospace | 2008-11-03 19:56 | 祭事 | Comments(3)  

Commented by maikasati at 2008-11-04 11:53
ご無沙汰しております。
乗鞍を 見て頂いてありがとうございます。
hiroさんのブログを 思い出しながら回りました。
季節は違いますけど・・・・日帰りが出来るなんて羨ましいです。

九谷焼 そんなに高くはないのですね、これ位だと日常に 使って見たいです。
この前 御呼ばれで 主人が九谷焼の 菓子入れ?をもらってきてきました。
Commented by aturin88 at 2008-11-05 09:22
おはようございます。

我が家にも九谷焼ありますよ(^^) 
曾祖父様の 焼き物が展示されてて素晴らしいですね。
確か昨年も私もお会いしたような・・・毎年こう云う格式高い所で会えるなんて、誇りでもあり尊敬ですね。
100年後・・難しい(笑) せめて 後継者に人柄が素晴らしかったと、
伝えて貰えれば(爆笑)無理ですね~~ぇ。

随分久谷のイメージも変わりつつありますね。 萩焼も同じですが。
Commented by takako's at 2008-11-08 16:30 x
九谷陶芸祭り いい季節だし行ってみたい。
南久さんに会いに行って来たのですね。資料館に行けば合えるのが羨ましいです。

登り釜の焚き口から煙が上っているところをみると 長い大きな釜みたいだなと眺めます。
天目をみると欲しくなるのですが、、、

<< 柚子のマーマレードと柚子味噌 鮭の遡上と手取川の歴史探訪 >>