山中温泉・鶴仙渓

加賀温泉郷の中でも一番温泉情緒があるのが、山中温泉だと思います。
大聖寺川の上流の渓谷(鶴仙渓)の両岸に旅館があって、街中には民謡で人気のある「山中節」が流されています。
conv0001.jpg
メインストリートになる「ゆげ街道」も整備されて、地元の特産品である「山中漆器」や九谷焼や民芸品を売っているお土産店も人気があって、最近は若い女性グループの姿も見られますが、昨日は時間が早くて、町を歩く人の姿はまだ見られませんでした。
conv0014.jpg
鶴仙渓は「黒谷橋」から「あやとり橋」を中間に「こおろぎ橋」まで約1.5kmの遊歩道が整備されています。
conv0006.jpg
幾何的な形をした「あやとり橋」はその名の通り「あやとり」の形をイメージして作られています。
conv0012.jpg
山中温泉に泊まられた人は此処から、こおろぎ橋までの遊歩道を散策される方が多いです。
conv0004.jpg
時期的に少し早かったのですが、所々で山モミジも紅葉が見ごろになって、緑から赤に色の変化が綺麗でした。
conv0007.jpg
いつも一番賑わっているのがドラマで名を知られた「こおろぎ橋」です。
今日は橋の周辺で紅葉を楽しんでいたり、写真を撮っている人が僅かにみられました。
conv0008.jpg
僕は橋の下から「こおろぎ橋」を見上げるアングルが好きで、いつもここから写真を撮っていますが、この川(水)の色が深緑でいいです。
conv0009.jpg
[PR]

by hirospace | 2008-11-09 10:58 | 風景 | Comments(1)  

Commented by aturin88 at 2008-11-10 14:48
静けさが漂っていますね。
赤い葉も綺麗ですが、緑と赤が交錯したのもとても綺麗です。

行った事の無い場所ですから、拝見するのが楽しみです。

<< 花梨の蜂蜜漬け ズワイガニ漁の解禁 >>