白山・手取川もみじウオーク

春のスーパー林道を歩く会には2度参加していますが、秋のもみじウオークには初めて参加しました。
スーパー林道が冬の閉鎖期間に入りましたので、普段車でしか通れない道を歩くのは人気があるようで、約1400名の申し込みがあり、かなり遠方からも参加されていました。
今回、僕はふくべの大滝コース(20km)に参加しましたが、約500名がバスに載って、瀬女スキー場から出発点の姥が滝に向かって9時に出発しました。
conv0021.jpg
もう冬の閉鎖期間に入った中宮料金所を通って、出発点に向かいます。
conv0022.jpg
バスの中からだと、いつもは運転して見られない景色が見られて、入り口付近は紅葉が見頃は過ぎていましたが、まだ見られました。
conv0032.jpg
出発点の姥が滝から折り返し地点のふくべの大滝まで5kmは上りで、後はずっと下りになります。
conv0003.jpg
姥が滝には時間がないので、下りないで道路から撮影しましたが、紅くケヤキのある辺りに天然の露天風呂があります。
conv0026.jpg
一番景観がいいと言われる蛇谷大橋です。
conv0036.jpg
ブナ、ナラ、ケヤキなどの木が多いですから、あまり紅い紅葉は見られませんが、黄葉モミジがいい色になっていました。
conv0033.jpg
スーパー林道には何箇所か滝が見られます。
車だと駐車が出来るところが限られているので、ゆっくり見られない滝もありますが、今日は一つずつゆっくりと眺めて写真も撮れました。
conv0030.jpg
赤石(あかち)の滝・・ベニ石(赤石)がいぼ状についているところから名づけられていますが、三本の水流に分かれるところから「三味線の滝」とも言われています。

conv0031.jpg
岩底(かまそこ)の滝・・底なしのといわれる釜型をした淵があります。
conv0029.jpg
カモシカの滝(五色滝)・・カモシカの生息密度が日本一と言われるところか名づけられていますが、五段の滝になっています。
conv0028.jpg
ウオーキンは年配の人が多いですが、若い女性も友達連れで歩きながら紅葉を楽しんでいました。
conv0014.jpg
約半分2時間ほど歩くと、中宮料金所が見えてきました。
conv0024.jpg
近くにある白山自然保護センターは落ち葉で絨毯が敷き詰められたようになっていました。
conv0011.jpg
中に入ってお弁当をたべました、
conv0025.jpg
雨よりも、汗で合羽の中がビチャ~になっていました。
下りばかり歩くのと履きなれない靴をはいていたので、珍しく足の裏にマメが出来て歩き辛く、絆創膏を貼って手当てをしました。

一里野温泉スキー場は夏にコンサートのあるところですが、国民宿舎や日帰り温泉施設「天領」もありますが、今日はウオーキンの他に人影も少なく、雪が積もるのを待ち焦がれている雰囲気でした。
conv0016.jpg
車の往来がおおいので、昔の道を歩くと、部落の神社や冬支度をした民家が見られました。
ニホンザルの群れが見られて、小さな小猿が親猿に見守られて歩いて行く様子が見られました。
conv0035.jpg
ゴール近くの瀬戸の部落にある「夜泣きイチョウ」は昔、天狗が住んでいて夜になると泣くという伝説がありますが、樹齢500年で幹周が10mもある県内でも最大級のイチウです。
conv0017.jpg
お昼の30分の休憩を含めて5時間歩き続けて、ようやく15時ゴール地点に到着です。
ウオーキングの最中はあまり強い雨にはあいませんでしたが、到着すると本格的な雨になってきました。
conv0018.jpg
conv0019.jpg
チャックポイントでスタンプと完歩証をもらって、観光協会のなめこ汁をもらいました。
山道ではないので息切れすることはありませんでした、普段あまり歩いていないので、さすがに足腰がガク~になっていて、温泉にゆっくり浸かって、足を揉み、汗を流して帰路に着きました。
conv0034.jpg
conv0020.jpg
今年の秋は大きな紅葉を見る機会がありませんでしたが、雨の中の紅葉も深みがあっていい感じで、満たされた気分になっていました。
[PR]

by hirospace | 2008-11-17 14:51 | 風景 | Comments(3)  

Commented by nageire-fushe at 2008-11-17 22:09
晩秋ですね~~~。雨に濡れた紅葉が綺麗です。
自分もこの週末、箱根に紅葉狩りにいってきました。
秋の末枯れた姿に感動してきました。
Commented by 誰やねんっ20号! at 2008-11-17 22:36 x
>ブナ、ナラ、ケヤキなどの木が多いですから、あまり紅い紅葉は見られませんが、
それも山の生き生きとした表情ですよね。山のいい匂いが思い出されてきますよ。

一里野の冬といえば掘り炬燵に入って湯のみの萬歳楽のヒヤと、しゃっくりを止める為の湯飲みの氷水をかわりばんこに飲んだことを思い出すのですが、何でそんなことになったのかが思い出せませぬ。
民宿のばーちゃんが舌を割り箸で挟めば止まるとか言いながらもお酒と肴を勧めてくれるもんで往生しましたわ♪

Commented by takako's at 2008-11-18 03:02 x
もみじヲ−キング5時間かけて歩いた健脚組ですね。健康のためにもいいし、何と言ってもこの景色の美しい事。
雨に清められた紅葉はとっても色がよく参加者が多いことうなずけます。サンノセの紀伊国屋で加賀の観光特集写真集をみつけました。ひろさんのこぼれ花エッセイ写真集で学びましたから、雑誌を見て美しさを感じる感動も二倍です。傘をさして歩く人たちも紅葉の中できれいですね。

<< 冬の訪れ 木場潟を散歩 >>