いかなごのくぎ煮

昨日から暖かいと言うか、陽春のような日になっています。

conv0034.jpg
毎年、この時期に楽しみにしているものに瀬戸内の春の風物詩「いかなごのくぎ煮」があります。
昨日、別のサイトで記事をみていたら、今年は「いかなご」が、すごい高値になっていると書かれていたので、諦めていた矢先でしたが、今年も送って頂きました。
この「くぎ煮」はお店で売られているものと比較にならないほど美味しくて、僕の大好物です。
conv0035.jpg
明石からの宅急便や日本郵便のEXパックでも専用の箱やシールがあるほどですから、たくさんの方が送られているのでしょうね。
その方も、この時期はたくさん作っておられるようで、くぎ煮貧乏になる・・と話されてれていましたので、吟味して頂戴しました。
[PR]

by hirospace | 2009-03-19 12:47 | 料理 | Comments(5)  

Commented by kureyon at 2009-03-19 22:23 x
これを送る時期がくると春を感じます。
今年は不漁だそうで、ほんまに少しで申し訳ありません。

「いかなご」獲りすぎてるんでしょうか・・・
それとも、気象の変化?

Commented by takuchan0821 at 2009-03-20 00:11
こんばんは~
美味しそうですね。
私もこれあったら他のおかず無くて全然大丈夫^^
今年は捕れなくて高いんですか?
やはり暖冬のせいなんでしょうかね。
Commented by aturin88 at 2009-03-20 10:29
我が家も届きましたよ。
ただ今年はイカナゴの 大きくなるのが早くて小さ目を手に入れるのが
大変だったと聞きました。
何キロと炊かれるようですね。  戴くのは嬉しいですね。
釘煮が届くと 春本番です。
Commented by 誰やねんっ20号! at 2009-03-21 12:36 x
こまりますねえ、こういう贈り物は。
ごはんが進んでつい・・・でございましょう。
はあ、春だなぁ。
昼のニュースは東京の開花宣言でした。
Commented by takako at 2009-03-25 12:26 x
『いかなご』と聞くと 波先がキラと光る海を思い出します。ゆるんできた陽射しや、潮風の匂いも懐かしいですね。今は 埋め立てられて無くなってしまった岬と白い砂浜が眩しく思い出されます。

<< カタクリの花開く ショウジョウバカマ >>