鈴ヶ岳に登る

conv0085.jpg
今日で日曜日3連ちゃんで、地元ばかりですが、山に登っています。
実は他の山に行く予定をしていたのですが、用事があって朝早くに出かけられなかったので、
3月末にのぼり損なった「鈴ヶ岳」にしました。
conv0108.jpg
家から30分ほどのところにあって、年に1度は登る親しみのある山ですが、雪解け待って開山祭の前に登ったのは初めてです。
conv0086.jpg
山野草の多い山ですが、この時期は先日の富士写ヶ岳と同じで、イワウチワが咲き出した所でしたが、白よりも紫色のキクザキイチゲがこの山は多かったです。
conv0093.jpg
気温が高い所為で、雪解け水が多くて渓流がごう~と音を立てて流れていました。
conv0087.jpg
山を1/3ほど登った所に「出作り小屋」がありますが、湿地帯に水芭蕉が咲き出していました。
conv0090.jpg
ここは元から自生地ではなかったのですが、ここで寝泊りをしている山の番人が長年の世話で広がって行きました。
conv0089.jpg
この先には、水資源の為にブナが植林されていて、新緑の頃には美しい森になるのですが、今は雑木林のような感じになっています。
conv0101.jpg
尾根伝いに険しい登りの先は登山道がまだ雪に覆われていました。
でも、歩いた人の足跡を目印に登っていけば、カンジキも必要ありませんでしたが、雪庇を越える時は用心をしないと落ちる事があります。
conv0106.jpg
山の中腹から、先日登った富士写ヶ岳が見えていました。
conv0095.jpg
頂上が近くなると本当に山全体が雪に覆われていました。
conv0099.jpg
見晴らしが良くなったので、頂上かと間違えてしまいましたが、
conv0098.jpg
雪があると何処に似た感じで900m先でした。登山口から3km約2時間半で1175mの頂上に着きます。
conv0097.jpg
正面に白山の全景と別山から福井方面には大長山から赤兎山、経ヶ岳、スキージャム(勝山)から荒島岳が、
白山の左側には笈ヶ岳と大笠山も綺麗に見えていました。
何度も、鈴ヶ岳に登っていますが、こんなに全景が見渡せた日もなかったように思います。
conv0103.jpg
登ってくるときは下山する人と一人だけしか会いませんでしたから、今日は入山している人は少ないでしたが、頂上で加賀市の方から大日山から縦走して来たグループに会いました。
何処かの山で一緒になったようで、見覚えのある人もいて一緒に下山しました。
conv0105.jpg
雪山を登るのは大変ですが、下りは滑り落ちるようであっという間に過ぎてしましました。
登山口付近にミヤマカタバミの白い花が咲き出していました。
conv0107.jpg
山葵の花も水の流れるところに僅かに咲いていました。
conv0088.jpg
[PR]

by hirospace | 2009-04-12 22:19 | 登山 | Comments(4)  

Commented by 誰やねんっ20号(出稼ぎ別荘) at 2009-04-14 06:58 x
雪の中ですね。・・お気楽お散歩じゃないもんなー。
写真見てると羨ましくてすぐに行ってみたい気分になりますが。
しんどい思いをしないとこういうイイとこへは行けんちうことですね。
Commented by maikasati at 2009-04-14 11:54
登っていくと雪もまだまだ多いですね。
水芭蕉もあいたい↓カタクリにも あいたいなぁ、と思うけど
歩けません、hiroさんは 足腰がしっかりされているので 羨ましいです。
こちらで 素敵な景色と 山野草を眺めさせてもらいます。
Commented by takako at 2009-04-15 01:56 x
麓では桜の花が咲いて、山はまだ雪の中で歩行はなかなか強行で登山経験が必要でしょう。ワシがサーモンを食べている河の土手をブーツで雪の中を歩いた経験が在るだけですから、、、歩く時間が普通の三倍くらいかかった。ミヤマカタバミがきれいです。一番下の白い花は蕗の花ですか。これもきれいですね。

Commented by kozuti-9 at 2009-04-16 09:13
雪と花の数々、山歩きが気軽に出来て羨ましいです。
私も自然は大好き、荷物を担ぐのと虫や蛇は苦手、でも行きたいです。

<< 葉わさびの醤油漬け 城下町の夜桜散歩 >>