五色ヶ原(乗鞍山麓)の滝めぐり

趣味人倶楽部で知り合ったお友達に誘っていただいて、神秘的な自然景観を楽しんできました。
乗鞍岳には長野県側からアプローチすることが多いのですが、岐阜県の安房峠から高山の方に向かった北西山麓に五色ヶ原という広大な森林が手付かずの状態で残されています。
conv0001.jpg
それも入山の申し込みをして、案内人と一緒にしか入れないように管理されているので、自然保護が行き届いているからで、今年もこの20日から始まったばかりでした。
conv0002.jpg
7時半に五色ヶ原案内センターで説明を受けて、カモシカコースに入山します。
あいにくの雨降りになりましたが、新緑がまばゆい中を進むに連れて、雨も上がって来ました。
conv0003.jpg
ミズナラ、ブナ、シラカンバが林を作っていました。
conv0013.jpg
最初の黄檗の水場で寒露水を味わって、シラカバやダテカンバの林を過ぎると目前に優美な「久手御越滝」が現れます。
conv0026.jpg
少し先に進めば落差58mの滝の横に出て飛沫がかかってきます。
conv0018.jpg
この先は瓦礫が重なり合って、倒木なども苔むして、すごく深い森の中にいるような感じがしていました。
conv0015.jpg
先に進むと、このコースの最高地点(1620m)の「牛首」に着いて一息付きます。
conv0019.jpg
急な長い下りを降りると途中から見えていた「池之俣御輿滝」にきますが、
丸木橋を渡ると滝の下部しか見えません。
conv0022.jpg
conv0027.jpg


柱状節理の「炭木岩」を見て歩き出すと、
conv0028.jpg
雨が強くなって来て「烏帽子小屋」に到着してお昼になりました。(知らずのうちに4時間も歩いていました)山の中にこんな立派な小屋があるのかと思うほど綺麗なエコトイレもあって、コンロでお湯を沸かして食後のコーヒーや手作りのケーキなどを頂きました。
conv0024.jpg
雨が少し小降りになって、次のグループに席を譲って、後半のスタートです。
サワグルミの林に入りました。
conv0032.jpg
白く小さな二輪草が山肌一面を覆っていて見事な風景でした。
サンカヨウも可愛い花を咲かせていました。

その坂を下ると突然に柱状節理の大きな岸壁が立ちはだかったような「青垂の滝」のスケールに圧倒されます。
conv0031.jpg
大きな男滝は2段に分かれて落差90mあって、見事なものです。
conv0033.jpg
conv0034.jpg
隣にある雌滝は落差が74mですが、水量が少なくて優しい感じがしました。
conv0036.jpg
それぞれ形や雰囲気の違った滝を見終わった後、また雨足が強くなって、回りの景色もかすんで来ました。
ガイドさんの説明が詳しくて、写真を撮る人も多かったので時間もたっぷりとっていただいて、終点の出会い小屋に着いてバスに乗って、出発点の案内所に戻って来ました。
6kmの距離を食事と休憩を含めて7時間もかかりました。
濡れた服を着替えて、冷えた体を丹生川町にある温泉で温もって、帰路に着きました。
conv0009.jpg
[PR]

by hirospace | 2009-05-25 17:40 | 登山 | Comments(6)  

Commented by kureyon at 2009-05-25 21:25 x
いいですね。
しばらく自然に接していないので羨ましいです。
Commented by のの ☆ at 2009-05-26 00:40 x
観光地化されてない自然のままの山って感じですね!滝が素晴らしいです。女性の方も何人かおられるようですが すごいですね~
私なんかは あの丸太橋で多分挫折・・・(*^^*ゞ
土曜日は 鳴谷山に初めて登ってきました♪
白山が綺麗に見えましたよ~ 
Commented by 誰やねんっ20号! at 2009-05-26 07:34 x
あれ?
僕は高校の時に乗鞍の剣ヶ峰に強い思い入れを持っていたのでございますよ、実は。
うーん。
うーん。。
どこから登ったのだろーか。
睡眠不足と疲労と酸欠で、御来光が殺人ビーム状態だったし。。。
夜中に登ったからテッペンの景色以外は全く覚えておりませぬ。
下りはヘロヘロで足元しか見てなかったし。
Commented by micho7 at 2009-05-27 10:15
緑が生き生きしていて、気持ち良さそうです。
自然環境を守りながら、自然と親しむやり方が、各地に広がるとよいですね。
これぞ、自然と人との共生だと思いました。
Commented by takako at 2009-05-28 18:04 x
雨の中カメラのレンズに降込みがかかったでしょうに、、、どう保護されたのかなぁ。
周囲はきれいな若みどりで、滝もきれいですね。『炭木岩』ですか。並んだ丸太を想像します。丸太が岩になったのですか。木の化石と言うのがありますから、、、


Commented by ごくらく鳥花 at 2009-05-30 10:54 x
コンニチハ  さな(花の庵)様のブログから飛んで来ました
凄い 私には歩けない所だ! という感想です
見せていただけて感謝です 行った気分気分ですよ~^^

<< 五色ヶ原の山野草 白山スーパー林道ウォーク >>