赤兎山の山野草

午前中で雨が止みそうなので、遅めに家を出てR157県境の谷トンネルを越えて勝山市に入り小原林道に入りました。
途中にゲートが出来て、朝6時から夕方も5時まで開門していて、ここで300円払います。
かなり深く林道を走って登山口(9:30)に着きます。
c0022275_20551375.jpg

ゲートのおじさんが話していたように、いつもは混雑する山も今日は雨予報でガラ空きの状態でした。
c0022275_20561080.jpg

登山口から、しばらくブナ林を歩いていると雲が切れて晴れ間も覗いて来ました。
c0022275_20571018.jpg

沢伝いの登山道の脇にはリュウキンカ、オオバミゾホオズキの黄色い花や
c0022275_20583029.jpg

マイズルソウやユキザサの白い花が多く見られました。
c0022275_20595090.jpg

約1時間で大長山の分岐に着きます。(10:30)
c0022275_21218100.jpg

ここから少し急なガレ道になりますが、ゴゼンタチバナとミズバオウレンがたくさん咲いていました。
c0022275_2133424.jpg

30分ほどで、大舟山の分岐に着いて、ここから最後の急登が少しだけありますが、20分ほどで赤兎山(1629m)の頂上に着きました。(11:20)
c0022275_2142643.jpg

頂上には昨晩駐車場に着いて朝一番から登ったと言う関西からの5名のグループがいましたが、ガスがかかって白山が見えないので下山すると話していました。
c0022275_216271.jpg

お昼には少し早いので、頂上から赤兎平の先の避難小屋に向かいましたが道の脇にはツマトリソウが咲いていました。
c0022275_215845.jpg

途中に木道が敷かれた赤池があって、イワイチョウが咲いていました。
c0022275_2174033.jpg

c0022275_2191626.jpg

この辺りはニッコウキスゲが群生する所ですが、今年は遅れているようで蕾ばかりでした。
モウセンゴケモも雨が少なかったのか?生育が遅れているようでしたが、周りのウラジロヨウラクもいい色になっていました。
c0022275_21144662.jpg

お昼休みをしながら、目の前の別山と左の白山の雲が切れて全景が見えるような期待がありましたが、駄目でしたが,今日はガスに隠れて全く見えないだろうと思っていたので、これだけ見えたのは良かったのでしょうね。
c0022275_21101985.jpg

真横には2年前の大長山が見えていましたが、この山の分岐から2時間近くかかります。
c0022275_21224263.jpg

昼前から、お天気が良くなって来たので、下山の途中に何組か登ってくる人に出会いました。
2時間ほどで登れて、1時間半ほどで下りれるので、本当に手頃で花も多いし、景観も楽しめる山です。
赤兎と呼ばれているように平原が赤く染まる紅葉の時期は一番
人気があるのですが、最近は地元だけでなくて、関西方面からの登山者も多くなっています。
c0022275_21241630.jpg

帰り道には、一番好きな白峰の温泉に寄って、汗を流して戻りました。
[PR]

by hirospace | 2009-06-21 21:14 | 登山 | Comments(6)  

Commented by takuchan0821 at 2009-06-21 22:47
こんばんは
ゆっくりと景観や山野草を楽しみながらの登山っていいですね。
でもヘタレの私は途中でダウンしそう(苦笑)
また帰りの温泉、これは格別でしょうね^^
Commented by 誰やねんっ20号! at 2009-06-22 08:34 x
白峰かぁ♪
行ってみたいですー。
ぷぷぷぷぷ。温泉ですけど。。
>手頃で花も多いし、景観も楽しめる山
ひろさんの経験と実力が前提ですからねっ。
僕は最初から温泉♪
Commented by kozuti-9 at 2009-06-22 11:44
何時もながら自然の風景はいいものですね。
これ程までに、山歩きをしても運動が足りないとは、人の身体は難しいですね。
Commented by kozuti-9 at 2009-06-23 09:45
山歩きの後は温泉で身体を癒す、身も心も豊かになりそう、理想的な自然探索ですよね。
Commented by nonohana07 at 2009-06-23 22:48
赤兎山もいいですね・・・池もあるのですね
本当に銚子が峰と植生が似ていますね
ガスに隠れていたとはいえ、別山方面、あれだけ見えればいいですよ
私は全くでした・・・
Commented by micho7 at 2009-06-24 15:17
お天気が悪い中、お疲れ様でした。
でも、植物は雨に濡れて、気持ち良さそうです。

<< 梅干の紫蘇漬け 梅干の塩漬け >>