氷室開き・氷室饅頭

加賀藩主が徳川将軍家に献上するため、天然の氷雪を氷室(ひむろ)とよばれる小屋に貯蔵し、6月の末に江戸に届けていました。
この時期が選ばれたのは、禁中行事にある氷室の節句(旧暦六月一日、新暦の7月1日)に間に合うようにとの思いからでした。
何ヶ月も氷を貯蔵する努力、さらに、加賀から江戸への長距離をなるべく溶かすことなく運ぶ工夫(むしろと笹の葉に幾重にも氷雪を包んだそうです)は並大抵のものではなかったようです。
c0022275_109567.jpg

金沢の奥座敷、湯涌温泉では、湯涌温泉観光協会が主体となって、昭和61年から復活しています。
雪詰めは毎年1月の最終日曜日に行なわれ、観光行事として、一般のお客さんも参加することができます。そして、6月30日に氷室開きが行なわれ、藩政時代にのっとり、衣装・方式も当時のものを再現して、金沢の夏の風物詩として定着していれます。。
運び出された氷のうち、最初のものは献上氷室雪として一部を薬師寺へ奉納し、その残りはお茶用の湯に足され、観光客に振舞われます。
c0022275_9544948.jpg

また、県内の和菓子店では氷室饅頭として店頭に並び、7月1日には健康を祈願して、この饅頭を食べる習慣が根付いています。
僕も出来立ての饅頭を朝買って来て、事務所の皆で食べるのが習慣になっています。
[PR]

by hirospace | 2009-07-01 09:56 | 祭事 | Comments(2)  

Commented by takuchan0821 at 2009-07-02 00:40
こんばんは
昔の人って凄いですよね。
今では考えられない方法で苦労して・・・
氷室饅頭・・・そういった歴史を知ってて食べるのと、ただ食べるのとでは
有難みとかやっぱり違うんでしょうね。
Commented by 誰やねんっ20号(帰宅ちう) at 2009-07-03 07:09 x
へー昭和61年からですか。
ユワク温泉ですよねー(読める:トクイっ♪)
氷室饅頭の色取りがかわいいであります。

<< 紅生姜を漬ける 立山山麓をトレッキング >>