唐松岳

5時に北陸道、有磯海PAで石川・富山組み計7名が合流して、糸魚川から白馬に向かいました。
7時に白馬のゴンドラ駅に着きましたが、動いていなかったので、林道を走って、黒菱平のリフト乗り場に上がりました。
こちらのリフトは動いていたので、準備をして、7:30にリフトに乗りました。
c0022275_19541627.jpg

生憎、ガスが立ち込めて、雨が降りそうな、雲の切れ間が見えたりして晴れを期待しながら、登り始めました。
人気のある唐沢岳は、夏休み最後の日曜日で、10名ほどのツアーや個人の登山者で賑わっていました。
前日、ほとんど寝ていなかったので、登り始めから息切れがしていましたが、1時間ほど歩いていると、体も慣れて楽になりましたが、スピードは一向に上がりません。
a52100goc6jpc631000g8kalqd63100.jpg
 八方ケルン
ガスは濃くなって、眺望は全く望めませんでしたが、この八方尾根の登山道は花が多いので写真を撮りながら登っていましたが、遅い上に時間がとられて、お昼までに山頂に着けないぞ!と言われて、急ぎました。
ocmrtuvvfnbla5ipse7jpse73h84210.jpg
ウメバチソウ、ハクサンシャジン、カライトソウ、イワショウブ、シモツケソウ、オヤマリンドウ、タテヤマリンドウ、トリカブト・・・、チングルマもまだ残っていました。
631goc6jpsenrtenb52h8ka5i942100.jpg
 これは下山時の丸山ケルン
11:30丸山ケルンに着きました。
conv0074.jpg
少し、時折ガスが切れて、頂上方面が見えて、最後の登りにかかります。
5ipc6j94ipcmrte7jpc63h842100000.jpg
ネットがやロープが張られて、狭い登山道に緊張しながら11:30頂上山荘に着きましたが、直ぐ横の岩場にガスに隠れて雷鳥が3羽いました。
1gose7jpsenb5210gosuvf7j9ka5210.jpg
conv0066.jpg
山頂まではあと15分、荷物を山荘に置いて登る人も多かったのですが、山頂で昼食を食べることになって、重いザックをまた担いで登りました。
conv0075.jpg
山荘の直ぐ横の瓦礫の中にコマクサが点在してさいていましたが、最盛期は過ぎたようで枯れかかっていました。
conv0067.jpg
山頂にはたくさんの人が写真を撮ったりお昼を食べていましたが、
ガスの中で、まったく眺望が見られなくて、雨に会わなかっただけでも良かったねと慰め?合ったりして、楽しく食事をしました。
ocmrtufnrtuvf7jpsufnrtenbla5210.jpg
上に太陽が見えて、雲の動きが早くなって、眺望を期待するのですが、次々と雲がやって来て、ダメだなと荷物を片付けて、下山をし始めると、
5ipc6jpc6jpsuvf7j9421g8ka521000.jpg
白馬方面の帰らずの瞼が少し見えて、お~と声を上げると、反対側の五竜岳の山容も瞬時に見えてくれました。
これだけでも、山頂に立った甲斐がありました。
dmblqd6310g8kqte7jpsuf731g84210.jpg
63hocmb5i94ipcmb521g84210g84210.jpg
 頂上から山頂山荘
山荘まで下りると、登ってきた唐松岳の山頂も一瞬見えて、急いで写真に収めました。
j9421gocmb52hosuf7310g84i942100.jpg
13:00になって、4時には下山予定だからと、また先を急ぎましたが、誰だか信じられない速さで下っていきましたが、下の売店でソフトを食べたいからだとか?
また、最後尾を歩いていましたが、いつの間にか姿はもちろん声すら聞こえて来ませんでした。
下山で急いでは、転倒したり、足首を捻ったりしているので、マイペースで下りました。
3hose7j94i9ka52hosuvf7310000000.jpg
八方池で先の人たちが待ってくれていて、合流してわい~と話をしながらリフト乗り場に4時に到着しました。
希望通り、ソフトを食べ終えて、無事駐車場に到着しましたが、ほとんど帰ったのか車は数台しか止まっていませんでした。
近くの白馬八方温泉の露天風呂で汗を流して、途中の蕎麦屋さんによって、ざるソバを食べて、帰路に着きました。
距離、高度もちょうど良くて、楽しい登山を楽しむことが出来て満たされた一日でした。


八方尾根と唐松岳の花
Published by デジブック
[PR]

by hirospace | 2009-08-31 10:46 | 登山 | Comments(9)  

Commented by nageire-fushe at 2009-08-31 17:55
登山お疲れさまです~~~。自分は八方から唐松、五竜で歩いた事があります。懐かしいですね。花が多くて風景も良い山行ですよね。
Commented by さな・花の庵 at 2009-08-31 19:47 x
こんばんは。

今度は唐松岳ですか、精力的に登られますね。
いいなぁ~。花も沢山ですね。
Commented by takako's at 2009-08-31 22:06 x
一日歩く登山、健脚だからできるだろうなぁと思います。
霧になると足下も滑りやすくなっているだろうし、尾根道は細いだろうし、、、山に 高山植物に魅せられてのぼるのかも知れませんね。のぼって行く道に花があるのは励まされますよね。雷鳥を見る事ができました! いいなぁ。
Commented by aturin88 at 2009-09-01 00:02
画像見てるだけで登山の爽快さはわかりますよ。
でも大変でしょう(^^)

これだけお花があれば疲れは忘れられますね。
Commented by 誰やねんっ20号(出稼ぎ別荘) at 2009-09-01 23:12 x
おおおっ!高い、高いぞっ!!
こりゃー登ったら降りるのがちょっとキツそうでございますー。
ガスってて「こっちに○○が見えるはず」「ああ、晴れてりゃ見事な○○が見えるはずなんだがなあ」とか言いつつ、山にいる人は本当に残念がっていないことを僕は知っています。
へへへへへ。
そりゃーそこまで登ったって充実感がありますもん。
ともかく膝かっくんでごろごろ転倒しない様に充分ちうい願いますー。
Commented by mshin11 at 2009-09-02 09:20
高山植物に見せられて、素晴らしいですね。
でも、寝不足で山登りしていられる体力には驚きです。

なんと言っても最後の温泉とおそばが魅力?なんでは・・・〔笑〕

明日は金沢どうも雨になるらしいですね~
朝、風の盆NHKのニュースで見ましたが踊りがでていましたよ。
昨日ならよかったですね~

ただ、今度のツアーは雨のときは、民家を借りてあるので、
そこで踊りを見せてくれるそうです。
Commented by kozuti-9 at 2009-09-02 15:44
本格的な登山、その中でしっかり撮影、いい写真が沢山残りましたね。
Commented by boton at 2009-09-02 19:33 x
コマクサなど花がたくさん、もうすぐ 山は秋モードになりますね。
今年は夏山満喫!なhiroさん。
ううん、私は埋没していました。(笑)またすてきな山をお願いします!
Commented by のの ☆ at 2009-09-06 00:46 x
デジブックの方も見ました♪ ホントにたくさんのお花達と出会えたんですね~~ かなりきつい山道のようですが 翌日も筋肉痛は大丈夫でしたか?
登りながら 写真を撮ると どうしても 皆から遅れてしまいますよね
でも こんなにたくさんのお花が咲いてると ついつい足が止まってしまうのがよくわかります

<< 風の盆 稲刈りが始まる >>