宝剣岳に登れました

駒ヶ岳から宝剣山荘に下山すると、まだ10時でした。

c0022275_19562537.jpg

宝剣岳を見上げながら一服をしていると、山の右の「天狗岩」と呼ばれている岩が、僕にはライオンのように見えました。
conv0020.jpg
山頂付近の岩肌に何人も留まっている様子が見えたので、登りたいという思いと大丈夫だろうか?と言う思いが交錯していました。
友人に「どうする?」と尋ねると「登りたい!」と言うので、登ることに決めました。
登って直ぐ戻るだけなのでザックを置いて登り始めました。
conv0022.jpg
垂直に近い岩をよじ登らなければならないところに差し掛かって、自分が怖さと不安から止めるようかな?と思って、友人に「登る?」と尋ねると「大丈夫、ここまで来たら上まで登らんと」とい言うので、僕より度胸があると思いました。
もし、ここで怖いから止めると言っていたら、下山していたかも知れません。
conv0021.jpg
鎖場の細いところに差し掛かり、下りて来る人と交差をする為に何人かが待っていました。
conv0023.jpg
ここを乗り切れば山頂だと思ったら、この裏側にもっと怖い鎖場があって、足を伸ばして次の石に渡るのに精一杯でした。(ここは写真を撮れるところではありませんでした)
山頂が狭い為に、下りて来る人数だけ登れると言うことで、また待機してから、やっとの思いで山頂に着きました。
conv0025.jpg
混雑するのは反対側からも登ってくる人もいたからで、写真を撮るのも順番待ち、山頂の尖った岩に立つ人は殆ど居ませんでした。
conv0034.jpg
山頂からの眺めも最高でした。
conv0029.jpg
千畳敷から別のルートを登って来るルートや、空木岳へ縦走する登山道も見えていました。
conv0028.jpg
混んで来たので、直ぐに下山しようと思いましたが、また上がってくる人と入れ替わりです。
僕が登るとき以上に人が増えて、所々に人溜まり出来ていました。
conv0024.jpg
登る以上に下りは怖いよ!と下山する人に言われていましたが、注意は必要でも状況が分かって上りほど怖いとも思いませんでした。
空いておれば、距離は無いので40分ほどで登れる山だったかも知れませんが、混雑の中で1時間で往復できました。
conv0037.jpg
山を振り返りながら、柄に似合わず臆病者の僕には無理かも知れないと思っていた宝剣に登れた満足感で、無事に登れて良かったね!と友人と一緒に喜びました。
11時だから、希望の12時にロープウエーに乗れるように思って、下山を始め何故か足取りもいつも以上に軽く40分で駅に着きました。
駅の外に列が出来ていなくて、中に入ると直ぐに乗れると言うので、こんな事もあるのだと思いロープウエーの到着を待ちました。
conv0030.jpg何とロープウエーだけでなくて、下山するバスも待ち時間なしでした。
もう30分遅くなっていたら、こんな訳には行かなかなかっただろうと思いました。
ザックの中には食料や4Lの水にバーナーやポットなどが入っていたのですが、何も殆ど食べなかったので、使わずに重い荷物を担いだまま下山してしまいました。
conv0036.jpgconv0035.jpg
駐車場で作って食べる気が失せていたので、身軽になって、とにかくお店で食べることにして
以前も寄ったことがある蕎麦屋に寄りました。
キノコ一杯の山菜蕎麦と山葵やとろろが載った三色蕎麦を食べましたが、本当は僕は駒ヶ根名物のソースカツ丼を食べたかったのでした。
お腹も膨れたし、後は温泉に入るだけです。
近くの駒ヶ根高原休暇村にある「こぶし湯」に寄って、ゆっくり疲れを取りました。
台風で落ちたというリンゴが安く売られていたので、ジュースにしようとお土産に買いました。
[PR]

by hirospace | 2009-10-13 19:37 | 登山 | Comments(9)  

Commented by takuchan0821 at 2009-10-13 22:46
こんばんは~
確かに凄い岩ですね。
私は絶対登れ無いと思います。
それにしても、絶景と呼ぶにふさわしい風景ですね。
いいもの見せていただき、ありがとうございます。

ところでライオンって言われて、すぐコレだって判りました。
私もそう思います。
Commented by さな・花の庵 at 2009-10-14 19:25 x
こんばんは。

千畳敷カールには一昨年行きました。

こんなっ険しい山は登れませんわ。
Commented by nonohana07 at 2009-10-15 00:43
お天気に恵まれて宝剣にも登られて、本当によかったですね!
木曽駒、宝剣はロープウェイで気軽に行けますが、その分、混雑は避けられませんね
特に宝剣の混雑には閉口しますよね
私、宝剣の下りは、ずっと後ろ向きでした(^^)
Commented by aturin88 at 2009-10-15 00:47
凄い!! 険しい山ですね。

昨日深夜テレビで木曽駒ケ岳の四季を放映しており お花等を眺めて
千畳敷カールも見惚れたばかりでした。

無事下山されて さぞお気持ちも良かったでしょう。
お蕎麦も一層美味しかった・・(笑)
雄大で綺麗で 怖さを併せ持ってますね
Commented by 誰やねんっ20号(出稼ぎ別荘) at 2009-10-16 06:46 x
岩登りの部分だけやってみたいって気がする自分を許せません。
そこまで行くのがめんどーって思ってるからです。
Commented by micho7 at 2009-10-16 12:42
ものすごく険しい岩登りですね。
お天気もよく、上まで行った甲斐がありましたね。
多分、私も、ここまで来たなら登ろう!というタイプです。(笑)
Commented by のの ☆ at 2009-10-17 00:53 x
ホントにすごい場所!写真を見てるだけで足がすくんできて 手のひらが汗ばんでしまいます。やっぱり私には 無理だろうなぁ・・
一つクリアーできると あとは とんとん拍子に進んでいくことってありますよね ひろしさんの勇気と努力に 山の神様 応援してくれたんだろうな♪
Commented by nageire-fushe at 2009-10-17 10:44
お疲れさまです。無事の下山されての
一息良いですよね~~~
しかし美味しそうなお蕎麦ですね。
秋の滋味ですね。
Commented by takako's at 2009-10-25 16:55 x
天狗岩 凄い岩の彫刻 顔に見えます。
岩場の間を縫って登るのだろうか。それにしても険しい岩登りですね。岩は堅いから足の裏に堅く響きます。よく登りましたね。本当に健脚が必要ですね。
恐さも伝わります。
最後のキノコ山菜蕎麦が気持をホッとさせてくれます。
山の写真に感謝です。

<< アップルパイ 木曽駒ヶ岳 >>