十三夜・・そば祭り

昨夜は十三夜でしたが、見られましたか?
10月3日が「中秋の名月」で、昨日が旧暦の9月13日で「十三夜の月」で「後の月」と呼ばれています。
また、中秋の名月は「芋名月」と言われるのに対して「、十三夜は栗や豆を供えることから「栗名月・豆名月」とも呼ばれているようです。
c0022275_1633046.jpg

この風習は江戸時代に吉原遊郭で中秋の名月を眺めて遊んだら、後の月も同じ場所で眺めたらいいことがあると、客寄せに始まったようです。
そのことから、中秋の名月と十三夜の月を見ることで、「片見月」にならなくて、縁起がいいことに繋がるとも言われるようになりました。
また、「十三夜に曇りなし」とも言われていて、お天気にも恵まれるようで、こちらでも見ることが出来ました。


c0022275_15414694.jpg

県内の蕎麦の産地・鳥越地区で「そば祭り」が、道の駅「一向一揆の里・鳥越」で催されていました。
c0022275_154313100.jpg

新そばの収穫時期ですが、そば粉はまだ新粉ではありませんが、地元の倶楽部や金沢、越前から毎年、この祭りに参加して、目の前で打たれて蕎麦を食べられるので、たくさんの人が集まります。
c0022275_15434014.jpg

山菜やなめこ蕎麦も人気がありますが、一番人気は「おろし蕎麦」のようです。
c0022275_15412140.jpg

でも、いつも感じているのですが、特別のものでなく、僅かしか入っていなくて500円が定価のようになっていて、少々割高な感じがしています。
最近はレトルトやファーストフードで安い食べ物もありますから、手をかけたスローフードが高いような気がするのかも知れません。
c0022275_15422040.jpg

地元の野菜や漬物、お餅なども売られていました。
[PR]

by hirospace | 2009-10-31 15:49 | 祭事 | Comments(3)  

Commented by aturin88 at 2009-10-31 23:24
13夜は見損ねましたが、今日は見ました(^^)
14夜でしょうか・・殆ど満月に似て綺麗でした。
秋の夜は空がすんで綺麗ですね。

お蕎麦食べたい・・・です(笑)
13夜知識をえましたが、頭に残るか危ない所です(笑)
Commented by 誰やねんっ20号(帰宅ちう) at 2009-11-02 17:47 x
は~~~~~。。蕎麦・・・・。
新蕎麦が夢に出ますー。
でも秋の花粉症で何食っても微妙な香りがわからん。
Commented by boton at 2009-11-03 19:17 x
見ました見ました!露天風呂の中で!
きれいでしたぁ~下に港の明かりがあって

ところで、この写真にあるおそば いいなぁ~~
たべた==い

<< 2009航空祭(小松基地) 刈込池の紅葉 >>