那谷寺の紅葉

富山の山の仲間が僕の地元に来るということで、小松の名所を案内しようと思いました。
木場潟を見てみたいというので、まず出向きましたが、僕の事務所の直ぐ近くで、いつも出向いているので、僕は写真を撮っていませんでした。
その足で、粟津温泉の先にある紅葉の名所「那谷寺」を案内しました。
conv0002.jpg
那谷寺はずっと昔、縄文時代の霊地であった処です。
自然への畏敬の念や、人の生きることへの罪の意識として表れ、特に加賀の国では、清らかで白き神々の住む白山に死後の魂が登って清められ地上に回帰するという信仰が生まれました。
conv0010.jpg
那谷寺の地には岩山と洞窟がたくさんあって、その洞窟は母親の胎内のようで、生まれる間に魂が清められる場所、魂のゆりかごの場所と信じていました。
conv0005.jpg
conv0009.jpg
那谷寺の境内は奇岩遊仙境を中心とした、山水画のような美しい景色です。人々は今度生まれるとしたら、この様な景色とともに過ごしたいとの思いからの自然智の信仰も生まれ、境内は木々がより美しく保れています。
conv0011.jpg
conv0014.jpg
conv0013.jpg
[PR]

by hirospace | 2009-11-08 20:08 | 風景 | Comments(2)  

Commented by aturin88 at 2009-11-09 00:37
素晴らしい景観ですね。
本当に山水画の佇まいです。

色んな出来事から信仰心が生まれて以前はその心を大切にしていたのですね。
今それが欠けて来たから、世の中もおかしくなったのでしょう。
Commented by 誰やねんっ20号! at 2009-11-09 07:41 x
金曜日は立冬でございました。本格的晩秋の紅葉ってやつですね。
・・・紅葉か。。ふーむ。

<< 手取渓谷と大嵐山 ズワイ漁解禁 >>