柚子味噌と柚子茶

前回に続いて、馬鹿の一つ覚えのように柚子のレシピが続きます。

残った柚子を「柚子味噌にしました。
皮と実を分けて、皮を茹でるまではマーマレードと同じ要領です。
僕のマーマレードの皮の切り方は大きめなので、少し細かめに刻みます。
c0022275_17353511.jpg

鍋に味噌500gに搾った10個分の果汁100ccと砂糖300g(好みによって加減)味醂75cc、料理酒75ccを加えて加熱します。
c0022275_17362734.jpg

そこに刻んだ柚子の皮(400g)を入れて煮詰めます。
c0022275_17365625.jpg

焦がさないようにヘラでかき混ぜながら煮詰めれば柚子味噌の出来上がりです。
c0022275_17373443.jpg

後は蓋のある容器に入れて、冷蔵庫で保管です。

<柚子茶>
これはブログ仲間の方から教えられて初めて作りました。
茶と言っても、砂糖漬けで、出来上がったものをホッとレモンのようにお湯で割ったりやアイスクリームやヨーグルトなど入れて食べても美味しいようです。
c0022275_18545330.jpg


簡単でレシピと言うほどのものではありませんが、
c0022275_17381053.jpg

柚子をよく洗って、縦に二つ割にして、さらに半月切りにします。
c0022275_1738561.jpg

今回使った柚子は種無しの小さなものだったので、そのまま使いましたが、大きな柚子は種が沢山あるので、さらに細かく切って、種を取り出します。
c0022275_17393243.jpg

刻んだ柚子(約600g)の1/3を消毒した容器の底に敷き詰めます。
その上から氷砂糖(同量)を3回に分けて柚子の上に入れます。
同じ作業を3回繰り返して、出来る限り隙間無く詰め込みます。
c0022275_17402512.jpg

容器の蓋を閉めて冷蔵庫で保管して、これで作業は終わりですが、3~4日毎に容器を振ってかき混ぜて保管します。
2週間度に確かめて、ジャム上に状になっていれば、柚子茶の完成です。
氷砂糖が少なかった場合はサラ~の状態になりますが、もう少し寝かしてみてください。
(サラ~の状態でも別に問題はありません)
僕は300gの蜂蜜を後から加えましたが、入れ過ぎると、蜂蜜が勝って柚子の香りが失われます。
効果は確かではありませんが、ダイエットレシピになっていましたが、柚子には健康にいい成分が多く含まれています。
特に種には血行を良くするなど成分が豊富に含まれているので、食べるときに面倒でも構わないと思う方は、ゆず茶を作るときに一緒にゆずの種も入れてください。
[PR]

by hirospace | 2009-11-17 17:41 | 料理 | Comments(4)  

Commented by boton at 2009-11-18 19:43 x
ゆずの季節ですね。
ゆず茶してみようっと。
そういえば、種を焼酎につけておくと、まわりがゼラチン状になって、それをお肌につけると つるつるするとか・・・
うううん、botonの顔の表面には、・・・た たくさんの種がいります。
Commented by さな・花の庵 at 2009-11-19 17:26 x
こんばんは。

わが家にもゆずの木がありなっています。

昨年はゆずジャムを作りました。
ことしはひろしさんのレシピ参考です。
Commented by mari at 2009-11-20 08:35 x
>わぁ~色々まめなhiroさん・・・
ゆずがたくさんなってるのですね。
いいなぁ~

こんな旦那さまがいて奥様は幸せですね~
おいしそうなジャム・・・
私は朝食がパンなのでジャムは欠かせません。
たくさんゆずが手に入ったら作ってみたいですね。
Commented by nageire-fushe at 2009-11-20 21:34
ゆず味噌、これからの季節大活躍しそうですね。
ふろふき大根、こんにゃくの田楽・・虹鱒の塩焼きに・・・
美味しそうですね。

そうそう柚子の種で、化粧水が出来るそうですよ。

<< 雪の鳴谷山 柚子祭りとマーマーレード >>