獅子吼高原・奥獅子吼


Published by デジブック

近くの散策会に行く予定でしたが、珍しく朝寝坊をして、9時過ぎに家を出で獅子吼高原に向かいました。
c0022275_20324752.jpg

時間が遅かったので、登りはゴンドラを使って獅子吼高原に上がりました。
お天気がよくて、たくさんの人がスカイダイビングを楽しんでいました。
c0022275_20111090.jpg

この山では白いキクザキイチゲに混じってうす紫色の花がが所々で見られました。
c0022275_2018186.jpg

1時間ほど歩いて小屋に着きましたが、途中には僅かしかカタクリが咲いていませんでした。
時期が少し早かったようで、下りて来る人に尋ねると白いカタクリはまだ咲いていないとのことでした。
c0022275_20264072.jpg

それなら、奥獅子吼まで登ることにして、もくもくと歩いていましたが、途中で10人ほどのグループの方に出会ってお話していると、その中に、先日、別のカタクリの群生地でお会いした方がおられて、僕のブログのことも覚えておられました。
c0022275_2020544.jpg

そこから奥獅子吼まで約1時間半かかります。
途中からは残雪がしっかりありましたが、踏み固められていてカンジキもアイゼンも必要がありませんでした。
c0022275_202395.jpg

約3時間かかって、1時半に山頂に到着しました。
山頂は日当たりもよくて、雪は解けていて、3名の人が居られて、僕はベンチでお昼にしました。
c0022275_2022994.jpg

少しかすんではいましたが、地元から見える白山の風景とはまったく違って、白山連邦の北側にある名山の大笠山、笈ヶ岳、奈良岳、高三郎山などが正面に見られました。
僕が登るのには難しい山ばかりですが、これには感動がありました。
c0022275_2030725.jpg

14時になったので、ちょっと早めに下山をして、小屋からスカイ獅子吼へと2時間あまりで駐車場に着きました。
この小屋からの下山ルートはカタクリとスミレがたくさん咲いていました。
c0022275_20312310.jpg

[PR]

by hirospace | 2010-04-18 20:33 | 登山 | Comments(6)  

Commented by kao at 2010-04-18 21:24 x
スカイダイブの季節ですねぇ~~
でも上空はまだまだ寒いでしょうに・・・なんて。
飛ぶ人にとっては 関係ない。
山登りもそうですもんねぇ。

紫のお花かわいいですねぇ~~
カタクリやら、すみれやら 本当に山は春です。
連休どこか予定ありますか?
25日山菜摘み、9日に登山があるんだけど、
肋骨が・・・完治せずなkaoです。(苦笑)
Commented by 誰やねんっ20号(会社っす) at 2010-04-19 18:36 x
獅子吼かあ。。友人がハングライダーで着地失敗コイちゃって救急車で野々市に帰って来たもんで、道具引き取りに言ったなあ。。
また行きたいなー。
↓タケノコは得意なんすよ、東山の。
なつかしーなー。朝掘ったタケノコがそのまんま茹でずに昼の味噌汁に入ってたりして、うまかったなー。
でもこのバイトはもうやらなくていいっす。。
Commented by rollingwest at 2010-04-20 07:03
お~笈ヶ岳が見える・・!結構残雪がありますね。このパノラマを楽しめるんだと、今から楽しみです。
Commented by のの ☆ at 2010-04-21 21:48 x
ひろしさんが寝坊って珍しいんじゃないですか?いつも山登りの時は 早くに出られてるような気がしてたんですが。。
獅子吼高原まで行かれたんですね!今度の日曜日 自然学級で獅子吼 奥獅子吼 って書いてあったので 参加してみようかなって思ってます。残雪まだいっぱいあるんですね!登山靴でも大丈夫なんですねホッ 私 アイゼンとか持ってないので~~
カタクリの花は 実物は見た事がないので 見てみたいなぁって思ってます。でも 今年はまだ全然運動を始めてないんです。歩くこともしてないし 大丈夫かなぁ。。。ってちょっと不安。
Commented by nageire-fushe at 2010-04-24 09:43
まだまだ、雪が残っているのですね。
菊咲きイチゲが美しいです。カタクリも咲いているのですね。
どちらも好きな花です。
Commented by ateruteru at 2010-04-25 01:07
固まった残雪まだ寒いですね~~(^^)

眺めが良くて飛ぶにはさぞ気持ちが良いでしょう・・・?
高所恐怖症の私には怖い!!(爆笑)

カタクリもキクザキイチゲも綺麗で・・最高です。

<< イソスミレ・アマナスミレ・アマドコロ タケノコの収穫始まる >>