カタハの炒め煮

石川県ではカタハ(片方に葉が付くところから)と呼ばれていますが、富山県ではヨシナと言われ、全国的にはミズ(正しくはウワバミソウ)と呼ばれて、タラノメやコシアブラなどの山菜が終わると、山手の湿地などで生育します。
先日の大日山の登山口にも手頃になったカタハが出ていましたが、登山目的だったので採取しませんでした。
c0022275_15275643.jpg

たま~能登の実家に帰っていた友人が掃除までしてくれて、綺麗な茎を30本余り届けてくれました。
カタハの料理も煮物やおひたしなど色々~とあるようですが、僕は炒めて食べるのが好物です。
c0022275_15282293.jpg

さっと湯掻いて、適当な大きさに切って、ごま油で炒めます。
それに、砂糖大匙2、みりん1、料理酒1、粉末だし1、唐辛子1本に水1/2カップを入れて煮詰めます。
水が半分ぐらいになると醤油を加えて、さらに煮詰めて、水分が無くなってきたら出来上がりです。
c0022275_15285378.jpg

今回は子供にも食べさせたかったので、ベーコンを3枚加えて油分を出しました。
この時期に採取できるキャラブキも炒め煮にしますが、カタハは柔らかくてアクも少ないし、美味しい山菜です。
c0022275_15292814.jpg

[PR]

by hirospace | 2010-06-01 15:30 | 料理 | Comments(7)  

Commented by rollingwest at 2010-06-02 21:01
生命力溢れる旬を食べるはまさに健康の秘訣!
山菜料理の才能があることが素晴らしいです。
Commented by aturin88 at 2010-06-04 00:38
美味しそうですね。
戴いた事は無いのですが、自然の恵みが一番最近特にそんな気が
しています。
Commented by micho7 at 2010-06-04 19:00
これなら、若い人も喜びそう!
つやがよく、とってもおいしそうです。
旬が味わえて、うらやましいです。
Commented by nageire-fushe at 2010-06-05 09:58
ところ変われば名前も変わるのですね~~
カタハと言うのですね。
自分も大好きです。鰹節をかけてお浸しで食べたり
細かく刻んでご飯にかけたりして食べてます。
煮物、今度作ってみますね。
Commented by さな・花の庵 at 2010-06-05 16:39 x
こんにちは。
こちらではウワバミソウと言います。

よく見かけるのですが、食べたことありません。
一度食してみようと思います。
Commented by fancykao2y at 2010-06-06 10:50
ううん、食べてみたいです。
ふきみたいな感じ?それとも ゼンマイとかわらびとかそんな感じでしょうか?
Commented by 誰やねんっ20号(会議ちう) at 2010-06-07 15:33 x
うっ・・・旨そう。。。
今は目が死んでおります。
山歩いても多分注目出来ないくらい。
こーんなに飢えてるのにねぇ。。

<< 加賀友禅灯篭流し 加賀大日山 >>