加賀友禅灯篭流し

6月4日から金沢市は「百万石まつり」が開催されていました。
祭りのメインイベントの時代行列はは6/5なので、山に行く予定になっていたので、灯篭流しだけ撮ってきました。

東の茶屋街が夕闇に迫る頃、特別協賛行事「加賀友禅燈ろう流し」が市内を流れる浅野川の天神橋から浅野川大橋の間に、約1200個の灯籠が流され始めました。

水の芸術ともされる加賀友禅と浅野川とのつながりに感謝をして、友禅作家らが花鳥風月を描いた絵や市民がそれぞれの思いを描いたと灯籠が川面を彩りました。


かがり火が焚かれて、和太鼓も披露されて、

お気に入りの灯籠を川に流してお願いをする姿も見られました。

川もいっぱいに広がって流れて行き、

終着の橋の袂では、ゴミにならないように全部拾い上げて回収します。

その辺りは、主計(かぞえ)町の茶屋があって、放たれた窓越しから三味線の音が聞こえてきて金沢の祭りの夜をいい雰囲気にしてくれていました。

[PR]

by hirospace | 2010-06-07 16:46 | 祭事 | Comments(5)  

Commented by aturin88 at 2010-06-09 00:59
加賀百万石 流石ですね~~。

灯篭流しとても風情があって、込められた願い事叶うと良いですね。
一度行きたい所です。
Commented by kao at 2010-06-10 15:29 x
灯篭のあかりと水面のブルーナ色がきれいですねぇ~~
うっとり、加賀百万石・・・うううん、すごいわ~~
Commented by takako at 2010-06-11 15:55 x
加賀錦のように美しく 情緒もあって溜め息がでます。
いい写真を見る事が出来て心和みます。美 感動です。
Commented by rollingwest at 2010-06-12 22:28
金沢のお祭りは、豪華で風情があって実にいいですね~!
加賀百万石の豊かさ・余裕がこのような文化を育んだのでしょうね。
Commented by kozuti-9 at 2010-06-18 10:11
夜の似合う祭り、きれいです。

<< 初夏の唐松岳 カタハの炒め煮 >>