初夏の唐松岳

去年、8月の終わりに唐松岳に日帰りで登りましたが、生憎のお天気で山頂で僅かな時間しから山頂を見ることが出来ませんでしたが、今回は、前泊して朝からゆっくり登って、山頂でテント泊して、翌日に下山するというゆったりとした日程で、念願の眺望も見ることが出来ました。
c0022275_146177.jpg

登り始めた朝方は白馬連山に雲がかかって、展望台でも全景を見ることが出来ませんでした。
今年は初夏と言っても残雪が多く、八方池から先は大半が雪山でアイゼンを着けて雪渓を登る箇所が多かったです。
c0022275_1481231.jpg

また、夏道は山裾にあって雪で覆われているので、途中からは尾根の細い道を歩いたり、足を滑らすと谷へ滑落するような雪渓を緊張しながら登って、
c0022275_1494140.jpg

山荘の上から下りるというコースになっていて、前回とは全く違った感じの登山になり、かなり緊張をしながら登山になり、花の多い山なのですが、今回は山野草はわずかしかなく、雪山の写真ばかり撮りながら、山荘に14:00に着きました。
c0022275_14104350.jpg

お昼頃からは雲も晴れて、唐松岳山頂から不帰の瞼から白馬連山も綺麗に見えてきました。
c0022275_14502711.jpg

山荘は休業中で、テント場もまだ雪に埋もれているので、山荘前の狭い登山道に設営しました。
c0022275_14122791.jpg

山頂には明日の朝、ご来光で上る予定にして、お湯を沸かし、暖を取って寛ぎました。
また、風も強く雲が谷から次々と登って来て、なか~姿を見せてくれなかった剣岳から立山連峰が日が傾きかけた頃から見られました。
c0022275_14452268.jpg

17:00にテントの中で簡単な夕食を食べて、山荘付近を散策しながら夕焼けも見られました。
c0022275_14464660.jpg

夜は上弦の月が小屋の上に明られたくさんの星が見られました。
仲間は20時には寝付きましたが、僕はいつまでも寝付けなくて、シュラフに入っていたのですが、風も強く寒くて熟睡できませんでした。
c0022275_14513136.jpg

3:30に起床、4:00東の山並みが紅く染まり、4:30山頂で浅間山の左方向から日が昇り、ご来光を見ることが出来ました。
c0022275_14525413.jpg

c0022275_18155722.jpg

今朝は快晴になって、剣岳から立山がくっきりと見えて、南には南アルプスと八ヶ岳連峰とその間には富士山もうっすらと見え、北には戸隠と高妻山から雨飾山まで見渡せて、感動しました。
c0022275_14534149.jpg

山頂からテントに戻って、パンとココアで朝食を済ませて、テントを撤収して、7時に目の前の唐松岳と剣岳に別れを告げて下山することにしました。
下りはアイゼンを付けていても、雪が凍っていて滑りましたが、直に下るので一気に高度が下がりました。
c0022275_16241152.jpg

昨日の登りは曇りで風もあって、涼しかったのですが、今日は快晴で風もなく暑くて、雪焼けが気になりました
c0022275_14571163.jpg

1時間余りで、雪で埋まった八方池に着き、コーヒーを沸かして休憩をとりました。
眼前には白馬から蓮華山までくっきり見えていました。
やがて今朝登って来た人とすれ違うようになって、石神井ケルン辺りの雪原には関西からの修学旅行の高校生であふれていました。
14:00にゴンドラを下りて、駐車場に着き、白馬・倉下の湯に寄って、帰路に着きました。
c0022275_1501819.jpg

お天気に恵まれて、3度目にして素晴らしい光景を目にすることも出来たし、アイゼンを使っての雪渓を歩く練習も出来て、緊張もしましたが、日程としてはゆたりとした登山を楽しむことが出来ました。
[PR]

by hirospace | 2010-06-09 15:00 | 登山 | Comments(8)  

Commented by kao at 2010-06-10 15:30 x
夕焼けとテントがきれいです。

それにしても急斜面左側、右側岩盤?そんな細い道、アイゼン付けていても、うわぁって感じですねぇ。
夜寝付けなかったら、結構次の日がきつかったことないですか?
でも、魅力な雪山なんですよねぇ~~
Commented by nonohana07 at 2010-06-11 15:34
山頂泊の山行の醍醐味はなんといっても日没とご来光ですよね
どちらも素晴らしいお天気に恵まれてよかったですね・・・
羨ましい限りです
夏とは違って、残雪の山々の雄大な景色が素晴らしいですね
何年か前、夏に唐松岳に行きましたが、天候に恵まれず、山頂を断念しました
唐松山荘のテン場は階段状だったのを覚えています
Commented by takako at 2010-06-11 16:15 x
山に登った経験がある人だけが解る醍醐味。
心の琴線に触れるご来光も夕焼けも見えるものの感動も とても特異な個人的なものかも知れません。
下から吹き上げて来るだろう雲の美しさも写真で感じる事が出来ます。本当は晴れて遠くまで見渡せるのは なかなか奇跡的な事ででしょうね。
Commented by kozuti-9 at 2010-06-12 15:02
雪山は危険も伴い難しいでしょう?
綺麗な景色に沢山出会えて、無事に楽しんで来られ、良かったですね。
Commented by micho7 at 2010-06-12 15:52
まるで別世界ですね!
いつかこんな体験をしてみたいです。
貴重な写真をありがとうございました。
Commented by desire_san at 2010-06-12 16:36
記事と写真を楽しく拝見しました。時々訪問させて頂いています。
北アルプスの雪山の景色が雄大ですね。
その場の雰囲気が伝わってきて、楽しい気持ちになりました。
私もブログに四国で最も雄大な展望を味わえる笹ヶ峰から伊予富士の縦走コースの写真を載せましたので是非見てください。
http://desireart.exblog.jp/10793414/
よろしかったらブログの中に書き込みして下さい。
何でも気軽に書き込んでください。

Commented by さな・花の庵 at 2010-06-12 19:40 x
こんばんは。

険しい条件中の登山ですね。
見ただけで出来そうもありません(笑)
Commented by rollingwest at 2010-06-12 22:29
唐松岳からの残雪の後立山連峰や剱岳の雄姿、本当に素晴らしいですね!今年は多くの雪渓がいつまでも残り、夏山も大いにパノラマが楽しめそうですね。

<< いこいの森 加賀友禅灯篭流し >>