甲斐(東)駒ヶ岳

17日の午後から、以前から憧れていた、南アルプス甲斐駒と仙丈ヶ岳に行ってきました。

17日12時に小松を出発して、東海北陸道で美濃関JCTから東海縦貫道に入って土岐JCTから中央道に入って伊那ICを出て、長谷村の仙流荘の駐車場に18時に着きました。
仙流荘の予約が取れなかったので、駐車場横の空き地にテントを張って前泊しました。
c0022275_2054479.jpg

18日朝5時、臨時の南アルプス林道バスに乗って北沢峠まで約1時間(片道料金1300円)専用の林道で大変高いところを走っていました。
c0022275_20565332.jpg

6:15本日宿泊の長衛荘に受付をし、不要な荷物を預けて6:30仙水峠登山口(2000m)から登り始めました。
北沢長衛荘前のテント場には沢山のテントが張られていました。
渓流沿いの登山道は涼しくて仙水小屋と通って8:30仙水峠(2264m)に着きました。
c0022275_2104229.jpg

ここからは急な樹林帯を登って2740mの駒津峰に出ますが、しばらく登っていなかったので、大腿に筋肉痛も出、この登りに2時間もかかってしまいました。
c0022275_211517.jpg

ここからの展望は良くて、正面を見上げると白く輝く花崗岩の切り立った甲斐駒と摩利支天の丸い大岸壁が聳えていました。
また、西側には明日登る仙丈ヶ岳とその奥には北岳も見えていました。
c0022275_212065.jpg

11:00に六方岩に着きましたが途中の狭い道では沢山の登山者が交差するのに待機することも何度もありました。
c0022275_2143092.jpg

ここから直登とマキ道に分岐されているので、連れの友人は直登を僕は度胸がないのでマキ道にしましたが、この道も険しいところや風化した花崗岩の砂礫で滑りやすい道でした。
c0022275_2153116.jpg

山頂が見え出しましたが、バテてしまったのと筋肉痛でノロ~歩きでした。普段でも遅い足なのに、直登の友人は山頂で1時間近くも待ってようで、12:30に2966mの山頂にやっとの思いで到着しましたが、たくさんの人で賑わっていました。
駒津峰では360度の視界がありましたが、雲が上がってきて、しばらくで回りは見えなくなりました。
甲斐駒は雲が出やすいから、早めに登らないと聞いていましたが、僕が1時間ほど遅くなってしまので、仕方ありませんでした。
c0022275_216441.jpg

13:00になって、双児山を経由して下るに予定でしたが、ガスっているから回っても仕方がない?ということで、登ってきた道を下ることにしたのですが、滑りやすい砂礫に気をとられながら下っていると、本当に足が痛くなって、アルミバイタルを補給したり、バンテリンを縫ったり、クエン酸を飲んだりして、大変でした。
c0022275_2182316.jpg

でも、その効果があって、幾分か回復して、下山することができましたが、しっかり時間がかかって、北沢峠の長衛荘に17:30に着きました。
コースタイムでは9時間程度になっていましたが、なんと11時間もかかってしまいました。
c0022275_2112167.jpg

山荘の前の水場で洗面をして、シャツを替えるとすっきりして、18:30に夕食を頂きました。
それから、ちょっと変な?ことになりました。
と言うのは、しゃっくりが止まらなくなったのです。
20:00に消灯になったのですが、70cmの布団一枚毎に一人寝られて良かったのですが、しゃっくりの音が皆に聞こえるようで、事情を話しロビーで一人で沈めて?いましたが、なか~止まらずに困っていました。
でも、運よく?21:00に収まって、相部屋だと寝つきが悪いので、寝不足になると明日に響くと思って睡眠薬を飲んで休みました。

・・仙丈ヶ岳に続く
[PR]

by hirospace | 2010-07-20 21:12 | 登山 | Comments(4)  

Commented by rollingwest at 2010-07-20 22:33
憧れの甲斐駒・仙丈に登れてよかったですね!甲斐駒は学生時代(19歳の頃)に日本三大急登と呼ばれる黒戸尾根に挑戦して苦労したことがよき思い出です。仙丈ケ岳は女性的な山容ながらも甲斐駒より標高が高く包容力のある貫禄は、頼りになる姉御といった存在かもしれませんね。(笑)
Commented by 誰やねんっ20号! at 2010-07-21 19:16 x
すんばらしー!!!
充実の休日でございましたねー。
私は<省略
Commented by kureyon at 2010-07-21 22:11 x
すごい!の一言です。

いやぁ~私には難しい山ですね。
お疲れさまでした!
Commented by takako at 2010-07-27 08:16 x
凄い。いいなぁ。
バイタリティと行動力の凄さに何時も感動をします。
写真の色も夏らしく濃く心が山に行く気分です。
私はまだ一度もテントを張って過ごした事が無いのです。
小屋をとって いつも小山に辿り着く。
好きな場所にテントを張って 夜空を見てみたいと思うのです。
うちでは『しゃっくり』を止めるのに深呼吸をします。
一度試して下さい。うちでは効き目があります。

<< 仙丈ヶ岳 シソジュース >>