雪だるま祭り2012(白峰)

暦の上では春になりましたが、ここ白峰地区は今年は雪が多くて、現在2m余りの積雪になっています。
c0022275_91631.jpg

「あした忘れる豪華さよりも、永遠に心に残る素朴さを」をキャッチフレーズに白山市桑島地区と白峰地区の2箇所で、1日ずつ「雪だるま祭り」がこの時期に開催されています。
c0022275_9164645.jpg

平日の夕方5時にロウソクに火が点されて、燃え尽きるまでの約4時間(9時ごろまで)しか見られないのが惜しいと思います。
これは過疎の地区で世話をする人が少ないために、十分な準備や運営が出来ないことからです。
c0022275_9175399.jpg

今日は夕方から、白峰の会場に向かいましたが、家の前などに工夫を凝らした雪だるまが作られています。
人口の約倍にあたる1000体の雪だるまが、今日の日に間に合わせて作られて、訪れる人の目を楽しませてくれます。
c0022275_9182417.jpg

雪深い僻地も、この小さなロウソクの火が揺れて、見る人の気持ちを温かくもしてくれます。
この温かい火が絶やさないようにと、力強い郷土の団結力や生活観が感じられますね。
c0022275_9194023.jpg


その他の写真は「こちらから」
[PR]

by hirospace | 2012-02-04 09:22 | 祭事 | Comments(2)  

Commented by のの ☆ at 2012-02-06 22:46 x
写真すごい沢山撮られたんですね!アルバム 見てきました。このブログに載せる写真を選ぶのもどれにしようか 迷ったんではないですか?どの雪だるまも ホントに可愛いし いい顔してます。毛糸の帽子をかぶっていたり ざるをかぶっていたり・・・
白峰は2mも雪が積もってるんですね~
私も一度行ってみたいんですが 平日だとちょっときつくて~ 9時の終了の頃に着いてしまいそうです。
でも いつか行ってみたいです♪
Commented by 誰やねんっ20号! at 2012-02-07 12:33 x
このかわいい雪だるま達を作るのにどれだけの労力と耐寒根性を要するのか想像を絶します。
村おこしまでにならず、知る人ぞ知る状態でいつまでも続いて欲しいです。
ひろさんのレポートも。

<< 冬晴れの上高地 簡単「焼きリンゴ」 >>