雪の高落場山に登る

2週毎に会のイベントを企画しているのですが、三度目の正直でもないでしょうが、今回も快晴に恵まれました。
富山県南砺市の五箇山トンネルの上にあるある山ですが、平常は縄ヶ池の方からの登山道を登るのですが、この時期は積雪があって、林の中を抜けて、直に登ることが出来ます。
c0022275_1913891.jpg

距離は最短になるのでしょうが、登山道ではないので、いきなり急登になります。
カンジキはいいのですが、スノーシューでは上り辛いようで、てこずる方もおられました。

僕は知らなかった山ですが、地元だけでなく紅葉の時期には中京や関西からも訪れる人があるとのことで、
この日も多くの人が登っていました。
その為、雪が踏み固められてあるので、ラッセルをしなくても歩けるので助かりました。
c0022275_1921399.jpg

山の中腹からは雪に埋もれている南砺市の散居村が見えました。
c0022275_1944027.jpg

また、木々の枝に付いた氷が朝日に輝いていたり、雪も宝石のような輝きを放っていましたが、
コンデジの写真では上手く撮られることが出来ていませんでした。
c0022275_196979.jpg

高度さは600m(山頂は1122m)ですが、結構登り応えのある山で、なか~山頂にたどり着くことが出来ませんでしたが、仲間と歓談したりしながら約3時間かかって、到着しました。
c0022275_1915228.jpg

c0022275_198714.jpg

山頂では先に到着した組が雪のテーブルを早々と昼宴会が始まっていました。
新しいバーナーにしたので火力が強くて、直ぐに鍋焼きうどんが仕上がりました。
今回は新潟4名、石川2名、地元の富山が9名と15名の参加があって、会話も盛り上がっていました。
c0022275_19102212.jpg

天空は青く、山頂からの見晴らしも最高でした。
ちょっと薄くガスがかかっていましたが、黒部五郎や薬師岳の大きな山並みから、南西には白山連峰も見えていました。
c0022275_19124972.jpg

昼からは天気が崩れると言う予報だったので、早め11:30に下山開始になりましたが、
急な下りはスノーシューよりも尻セードの方が楽で速いと言うことで、何度も楽しんでいる人がいました。
c0022275_1912634.jpg

[PR]

by hirospace | 2012-03-05 19:15 | 登山 | Comments(4)  

Commented by のの ☆ at 2012-03-05 22:54 x
昨日はありがとうございました!
今日は 太ももが筋肉痛で思うように足が前に出ません
(^^ゞ 下りで手こずったせいでしょうか~
それでも また行きたいなぁって思うほど 雪山はステキですね!
リンクさせていただきました♪
Commented by ぜんち at 2012-03-07 13:03 x
こんにちは

のの☆さんのブログから飛んできました。
ブログもやってらしたのですね。
最後の写真に登場させてもらい感謝です。
また、よろしくお願いいたします。
Commented by hirospace at 2012-03-07 19:55
趣味人のコピペですが、来られている方とは長いお付きあいです。
Commented by rollingwest at 2012-03-08 06:16
ワイルドにスノーシューに挑戦しておりますね!五箇山トンネルの上にある山だと相当な豪雪地帯ですね。このあたりの雪が全て融けるのは7月下旬までかかりそうな感じかな・・?

<< 小松 天満宮の梅 セリバオウレンが咲き出しました >>