医王山

医王山は4/29に開山されましたが、林道の除雪が出来ていなくて、集合場所へのアクセスが悪くて、9時ごろになりました。
お天気はすっきり晴れて、駐車場からは南砺の散居村が綺麗に見えていました。
c0022275_14471025.jpg

計画では国見ヒュッテから大池平に縦走する予定でしたが、トラブルもあって車を迂回できなくて、三蛇滝から鳶岩を登って、白丌山から夕張峠に出て戻るコースを予定しました。
c0022275_14484569.jpg

モデルコースですが、渓流沿いの鎖場(通称 カニの横ばい)があって、鳶岩への急登(通称 縦ばい)もあって、変化に富んだコースです。
c0022275_1449353.jpg

初めての人や散策気分で参加したので、こんな急な下り坂があって、水かさの増した渓流で靴の中まで水が入ったり、横ばいではちょっと緊張が続いたり、三蛇ヶ滝に着くまでは大変でした。
c0022275_1450096.jpg

滝の前で、お昼をしてゆっくり休息しました。
この先に、一番の難所である鳶岩への岩登りがあります。
僕は苦手なところで、何度も逃げていましたが、登りたい!という人ばかりで、選択の余地はありませんでした。
c0022275_14503766.jpg

c0022275_14543137.jpg

先頭を譲って、中間で登っていましたが、途中で息切れで、最後尾になりましたが、何度もきているのでに、5年ぶりに登りきりましたが、怖さはあまり)感じなかったのは、慣れてきた所為でしょうか?
先日の獅子吼高原でもそうでしたが、、昼食を食べてからペースが一気に落ちるのは、体力がなくなった所為なのかな?と気になっています。
c0022275_1451214.jpg


分岐点で、鳶岩を登らなかった仲間と合流して、白丌山を目指しましたが、残雪が多くて、登山道がわかりないので、足跡を頼りに歩くしかありませんでした。
ある程度は知っている山でも色んなコースがあるので、違えると予想外のところに出てしまうので、地位をしながら、なんとか夕霧峠にでました。
先頭グループは既に、国見ヒュッテ近くにまで行っているようで、長い林道をあるいて、15:00に無事に到着しました。
ヒュッテの休憩場で、お茶を頂いて一服してから、麓の「ぬくもりの郷」で温泉で汗を流して、戻りました。
c0022275_14522858.jpg

(ハルリンドウ)
[PR]

by hirospace | 2012-05-06 14:55 | 登山 | Comments(2)  

Commented by のの ☆ at 2012-05-06 19:07 x
昨日行かれたんですね?いいお天気で良かったですね!
私は今日 久しぶりの休みだったんですが ひどい天気で・・(T-T )( T-T) ウルウル 結局 午後から晴れて来ましたが 出かける元気もなく 小さな庭にお花を植えてました。
先日の奥獅子吼でkureyonさんの後ろをぴったり歩いてた友達が とても喜んで私のブログに ひろしさんや皆さんへのお礼をコメントしてましたよ~
また 機会があったら彼女も一緒に参加したいと思ってます。(⌒_⌒)ニコ 彼女は 別の山の会に所属したんですが 初心者とは思えないでしょ??私のはるか先を行ってますわぁ 私は写真を撮り 景色を眺めながらの のんびりコースでいきます(^^ゞ
Commented by rollingwest at 2012-05-07 05:48
3年前にオイヅルを登った時に小生はそのまま柏崎に帰りましたが、一緒に登った2人は別行動でその後に医王山に登りましたが、単純でおもしろくなかったなんて言っていましたが、こんなスリル溢れるおもしろいコースがあったんですね。2人に教えたら悔しがるかも・・(笑)

<< 横山岳(滋賀県・木本町) フジの花 >>