横山岳(滋賀県・木本町)

この山を選んだのはヤマシャクを見たいからでした。
6:30 小松ICで富山組4名と合流 8:00木ノ本IC
8:30 白谷登山口駐車場 到着とここまでは順調ですが、
ここで1番目のアクシデント・・登山道の残雪が多くて、通行止め表示があって、ロープが張られていました。
初めはそれも覚悟で、気を付けて登る積もりでしたが、地元の人が来られて、危険だから止めた方がいいとの助言でコースを変更しました。
c0022275_14513586.jpg

白谷コースを登って、西峰山頂から三高尾根を下山する周回するコースを計画していたのですが、下山のエコチ谷から登って西峰から東峰に回って、網谷に下りる周回コースにし、9:00から登り始めました。
c0022275_14385757.jpg

このコースはいきなりの急登が峠まで続いていましたので、ゆっくりペースで、僕には合っていました。
そして、大きなイチリンソウや紫色のイカリソウなど山野草がいろ~と咲いていたし、沢山のグループが前後から登っていて、退屈しませんでした。
c0022275_14382758.jpg

お天気も快晴ですが、大変が木々の陰になっていて、暑くも無く丁度いい気候でした。
峠でしばらく平衡でさいたが、また急登が続きます。
ハルリンドウ(フデリンドウかも?)が見られ、展望台からは琵琶湖と余呉湖が綺麗に見えていました。
c0022275_14393318.jpg

そして、その近くにヒトリシズカの群生があり、ヤマシャクの葉もちらちら見えていましたが、下ってきた人がヤマシャクは早くて蕾もありません!の一言に、一気にテンションが下がりました。
c0022275_14401637.jpg

日を先送りしたのに、見られない!とは、同行の仲間にも申し訳ない気がしましたが、開花期間の短いヤマシャクに出会うのは難しいととも痛感しました。
当初の予定の霊仙岳では僕は一昨年に見ているのですが、
今年も咲き出しているようで、時間の関係で、この山と今日を選んだことを反省していました。
c0022275_14403534.jpg

それから山頂までも、相変わらずの急登が続きましたが、12:30西峰山頂に到着です。
すでに20名ぐらいの人が昼食を食べて、賑わっていました。
c0022275_1441639.jpg

30分の昼食時間をとって、13:00に出発です。
途中、白谷から登って来た人がいたので、確認すると、やはり危ない雪庇もあって、どろどろになりましたが、五銚子の滝の上辺りに2~3本ヤマシャクが咲いていましたとのこと。(無理をして登っても事故でもあればそれこそ悔やまれます)
そして、そこまで下って、また登って来ると1時間半ほどかかるので、今回は断念しました。
東峰まではゆるい下りと上りの見晴らしのいい稜線歩きが続き、西には余呉湖と奥琵琶湖が眺められて、30分ほどで、着きました。
c0022275_14445224.jpg

山頂からは能郷白山とその奥に白山も見えていました。
c0022275_14451356.jpg

下山する登山道は新緑のブナ林が長く続いて、とても気持ちのいい登山道でしたが、途中からは、登りと同様に急坂でしたが、2時間かかって、15:30に下山口の林道に到着しました。
c0022275_14452771.jpg

そこから、網谷川沿いの林道を30分余りあるいて、駐車場に116:00に到着しましたが、満車だった駐車場は3台残っているだけでした。
帰りは木ノ本からR365を通って今庄に向かいました。
途中の今庄365スキー場にある温泉で汗を流して、今庄の町中にある食道に依って、蕎麦どころでもある「今庄そば」のおろし山葵そばを戴きましたが、しっかり山葵の辛味が利いていて美味しかったようです。
今庄ICから小松ICに20:00に到着して、それぞれの帰路につきました。
c0022275_14464835.jpg

ヤマシャクには出会えなかったのは残念でしたが、横山岳は始めて登ったのですが、登り堪えのある山で花も多くて、楽しい登山でした。
[PR]

by hirospace | 2012-05-14 14:21 | 登山 | Comments(3)  

Commented by rollingwest at 2012-05-14 22:48
木之本町懐かしいですね。賤ケ岳や余呉湖あたりの静かな北琵琶湖当たりが一番好きです。
Commented by のの ☆ at 2012-05-17 23:08 x
遠くまで お疲れ様でした。紫のイカリソウってあるんですね!ヤマシャクは残念でしたが 沢山の花も見れて 楽しい山行だったようですね。日程がかぶらなければ私も行きたかったです~~
Commented by aturin88 at 2012-05-19 00:35
こんばんは

山芍薬は残念でしたね
でも イカリソウ ヒトリシズカ等野草も見られよかったです
森林浴は最高のリフレッシュです

登山は大変でしょうが、気をつけて楽しんで下さいね

<< 鳴谷山 (石川県白山市桑島) 医王山 >>