瀬戸蔵山から大品山・鍬崎山をピストン

6:00 立山山麓スキー場ゴンドラ駐車場 
6:30登山開始 7:00 瀬戸蔵山 8:30 大品山
10:00 1756ピーク 12:00 鍬崎山山頂
12:30 下山 15:30 大品山 16:00瀬戸蔵山
16:45 ゴンドラ山頂駅

標高差 2090-1150(ゴンドラ山頂駅)=940m  累計1175m
片道 5.65km
標準タイム 登り 4時間30分 下り3時間30分

c0022275_1724350.jpg

曇りから、時々雨になり、合羽を来ましたが、
早朝なので暑くはなくて、大品山までは快調でした。
c0022275_17245214.jpg

大品山からは一旦、100mほど下っての登りです。
やぶのも背丈が高くなり、やせガレ場もあって足元も注意が必要です。
c0022275_17253251.jpg

雨も上がったので、合羽を脱ぐと、楽になりました。
ガスの先に、山頂らしきものが見えるのですが、なか~山頂には届きません。
短い鎖場をあがって、1756のピークに着いた時は晴れて来ましたが、山頂はガスに覆われて見えません。
登ったり下ったりの繰り返しが何回もあって、途中で、足に痙攣が生じました。
芍薬甘草湯を2服呑んで、冷却スプレーをして、痛みが引いたので、歩き始め、なんとか山頂に届きましたが5時間30分もかかりました。
でも登れたという満足感でがありました。
そして、かすかな期待があったのですが、山頂からは弥陀ヶ原も薬師岳も全く見ることが出来ませんでした。
c0022275_17262094.jpg

お天気もよくなって来て、下界の称名川や弥陀ヶ原も見えるようになりましたが
下りのゴンドラが5:00が最終なので、4時間かかればぎりぎりなので、山頂ではゆっくりもしておれませんでした。
c0022275_17293362.jpg

下りも、山を三つ越えないとならないので、あまり時間短縮も出来なくて、大品山に3時間もかかって、着きました。
途中、軽い痛みを感じては冷却スプレーをしたりアミノバイタルも飲んだりしましたが、すでに150mlのボトルを3本飲んでいました。
c0022275_1730181.jpg

瀬戸蔵山に4時に着いたので、ゴンドラになんとか間に合うことが分かって、安心しましたが、ゴンドラ駅に着いたのが、4:45でした。
今日は実に10時間ほど歩いたことになりました。
なんとか全員で鍬崎山に登ることが出来て良かったと思いました。
[PR]

by hirospace | 2012-07-16 17:30 | 登山 | Comments(2)  

Commented by のの ☆ at 2012-07-19 22:48 x
10時間も歩いたんですね!きついですね~~
でも あんまり快晴だと 暑くてバテてしまうかも。
曇りでちょうど良かったかもしれないですね。私も土曜日の山登りは 距離は長かったけど涼しくて 寒いくらいでした。
足はその後大丈夫ですか?
Commented by rollingwest at 2012-07-22 14:32
今年7月の北陸は雨が多くて大変でしたが、8月にこそ安定した天候のもとで夏山が楽しめるといいですね。北海道・東大雪(ニペソツ山)の記事を公開致しました。瀬戸蔵山から大品山・鍬崎山のピストンとほぼ同じくくらいの所要時間でした。

<< 白木峰 鈴ヶ岳(小松市) >>