色は匂へと 散りぬるを

市内の桜の名所「芦城公園」の桜、今年は見ごろの間の天気がずっと悪くて、やっといいお天気になったと思えば、散った桜の花びらが雪が降ったように一面に広げられて、まったく違った光景になっていました。
c0022275_15552318.jpg

今日はひらひらと一枚~と散っていたのですが、一斉に散るときは桜吹雪のようになって、風情があります。
c0022275_15555167.jpg

桜ヶ池の水面には散った花びらが流されていました。
満開の桜もいいですが、僕はこの時期の桜に一番親しみと季節の移ろいを感じています。
c0022275_15563094.jpg



余談になりますが、
「いろは歌」と言うのでしょうか?
美しい人も、花のように散っていく
この世で誰が永遠で有り得ようか
今日もまた、現実の世界の困難を乗り越えて、
わずかのいい目も見たがそれに酔ってはいられない・・と、諸行無常を歌ったとされています。

また、ニコニコで動画に「初音ミク」の「色は匂へと 散りぬるを」という動画がありますが、関心のある方はログインして見てください。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm9601822#!sm9601822
[PR]

by hirospace | 2013-04-13 15:56 | 風景 | Comments(1)  

Commented by rollingwest at 2013-04-17 20:48
芦城公園、実に魅力的な公園ですね!北国の方が待ちに待った桜の散り具合を見て花の移ろいの早さをあらためて感じます。

<< 獅子吼高原の白いカタクリと奥獅子吼 のと里山海道から門前の雪割草 >>