三つ谷からの赤兎山

紅葉の時期に人気のある「赤兎山」は勝山の小原集落から入って、駐車場から登るのがメインで簡単に登れる山ですが、今回は白山の市ノ瀬近くのから林道に入って、小原峠から山頂を目指しました。
c0022275_10122532.jpg

林道の入り口に着いたのは8:30でしたが、この道からは初めてで登山口が分かりませんでした。
地図を持ち忘れていて、記憶を頼りに探したのですが、林道の分岐を左に入って「埋め火の里」で住人がいて聞いたのですが、それが「杉峠」からの登山口だと気づいて、途中から戻って、林道の右から登山口を目指しましたが、なか~着きません。車を途中に止めて歩いていると工事関係者に出会って、登山口はかなり先だと分かって、車に戻って、出直しましたが、登山口らしいところに着いたのが、10:00近くになってしまいました。
c0022275_10125859.jpg

登山口にはまった表示がなくて、工事の人に教えてもらったところから、しばらく歩いて初めて表示板がありました。
c0022275_10133432.jpg

そこからはいい登山道ですが、同行者はまったく会わず、ちょっと不安でしたが1時間余りで小原峠の分岐に着きました。
c0022275_10141555.jpg

この林道は紅葉が綺麗だということですが、時期的に1週間から10日ほど早かったです。
予測はしていたのですが、ここの紅葉がいいと、赤兎山頂の紅葉は終わるので、一度で両方を見ることは無理のようです。
c0022275_10151012.jpg

小原峠の分岐ではメインのルートで登ってくる人が多くて賑わっていました。
この分岐からはちょっと急登もありますが、1時間足らず(12:00)で山頂に着きました。
混雑をしているかと思ったのですが、意外にも人が少なかったのは、風が冷たくて強かったからで、大半の人が非難小屋でお昼を食べていました。
c0022275_10163234.jpg

赤兎山(平)の紅葉を見るのも3年ぶりですが、全面赤く染まるには少々早いかなという感じでしたが、お天気が良くて、白山から別山への大パノラマがすごく綺麗でした。
c0022275_1017188.jpg

赤兎平から非難小屋を通過して、裏赤兎山に着いたのが12:30で、お昼を済ませると13:00になりました。
c0022275_10183686.jpg

朝、道に迷って2時間もロスをしたので、杉峠から登山口へ周回するには、3~4時間10km余り歩かないとならないし、一人なので不安もあって、ピストンすることにしましたが、下山は2時間余りで15:30に着いてしまいました。
c0022275_1020096.jpg

帰路に白峰温泉の総湯に寄りましたが、連休で大変な混雑していて、ゆっくりも出来ませんでした。
[PR]

by hirospace | 2013-10-15 10:20 | 風景 | Comments(3)  

Commented by dareyanen20! at 2013-10-18 22:25 x
おおおおお!
各地の初冠雪のニュースに触れて暗澹たる気分だったのですが、若い紅葉(って言いますっけ?)の画像をありがとうございます。
異常な10月ですので、秋は短いですから油断大敵です。
Commented by rollingwest at 2013-10-22 07:30
登山口を間違えて、時間ロスしたり道間迷いして登頂を諦めたりしたケースは小生も過去何回かありましたが不安になりますよね。今年の山の紅葉は今一つのような気がします。異常気象の連続で木々もストレスが続き疲れ切っているのでしょうか。
Commented by 誰やねんっ20号 at 2013-10-27 07:57 x
あれあれ、すこしストレシーな日になっちゃいましたね。
温泉で挽回出来なかったことが総括ってことでしょうか。
まあ、私の日常なんか思う通りにならないことの応酬で、怒っても腐っても仕方ないと、悟りを開けそうでございますよ。

<< ズワイガニ漁が解禁 栗の渋皮煮 >>