ズワイガニ漁が解禁

暖かいお天気が続いていますが、明日は立冬ですね。

日本海に冬の訪れを告げるズワイガニ漁が、今日の午前0時に解禁になり、県内の漁港である輪島、金沢、そして加賀市の橋立漁港は活気を浴びています。
c0022275_1523123.jpg

小松から近い加賀市橋立漁港では、お昼過ぎに底引き網漁船が帰港して、収獲したズワイガニが水揚げされて、荷捌き場は活気付いていました。
地元新聞社の記者やカメラマンの姿も見えましたから、明日の朝刊の社会面の記事になるのですね。
c0022275_1525122.jpg

メスのズワイガニ(こちらではセイコとかコウバコと呼ばれています)は山積みされて、大きさごとに選別されていきます。
オスの立派なズワイガニは直ぐに選別されて、トロ箱に収められていきます。(腹を上にして並べられているのは生のカニの味噌がこぼれないようにするためです)
福井では越前ガニ、山陰では松葉ガニと呼ばれていますが、数年前から石川県で水揚げされたものは加賀の「加」と能登の「能」と取って「加能ガニ」と名前が付けられていまますが、やはり馴染みがありません。
c0022275_1584269.jpg

また、産地を証明するために、石川県・橋立港の青タグが付けられてありますが、この橋立港と福井県・三国港で水揚げされるズワイカニが大陸棚の餌場に生息しているの、最高の品質だと言われています。(甲羅に黒い粒がついているのが、カニヒルで沿岸で取れた証です。北海道やロシアで水揚げされたカニには殆ど付いていません)
c0022275_15122026.jpg

地物の大きなオスが自分の口に入ることはめったにありませんが、家庭ではメスのコウバコ(香箱)を食べるのが普通で、小さくで世話ですが、味は良くて内子を食べると病み付きになります。
今年は豊漁なのかな?荷下ろしを済ませた船は すぐさま漁場に戻って行きます。
漁期はコウバコ(メス)が資源保護のために来年1月10日まで、ズワイ(オス)は3月20日までです。
[PR]

by hirospace | 2013-11-06 15:13 | 料理 | Comments(1)  

Commented by rollingwest at 2013-11-06 21:16
ついに来ましたね、ズワイガニ解禁の季節!新緑の頃はアユ解禁、秋は鮭解禁、そして北陸の冬ではこのカニ解禁が大きい節目なのですね。関西にいた頃、出張で京都・兵庫の日本海側に冬場に出張時はズワイガニを食べることも大きな楽しみでした。日本海側では色々な呼び名ですが、新潟の名産地「親不知・能生」ではやはりズワイの呼び名だったような気がします。金沢の近江町市場はまさに今、活気にあふれていることと思います。

<< 鞍掛山 2013/11/17 三つ谷からの赤兎山 >>