鈴ケ岳

久しぶりに、山に登って来ました。

家から40分ほどで、加賀大日山系の鈴ケ岳(1175m)に着きます。
この山は歩きやすく、美しい山なので地元の人がよく登ります。

登山口は大杉地内にあるだけに杉の林の中をしばらく歩きますが、
途中からは渓流沿いや美しいブナ林の中を歩くのが最高にいい気分です。



県内でも有数のブナが生育していて自然保護の指定地区にもなっています。
また、この時期は林道の脇にはヤマアジサイやコアジサイがたくさん咲いています。

ヤマアジサイ

 コアジサイ
この山はあまり目立った花は咲いていなくて、山全体は緑一色です。
それでも、ズミやウツギの白い花やタニウツギのピンクの花も少し咲いていました。

また、足元には白くて可愛いギンリョウソウがたくさん咲いていました。


山の中腹にある「出作り小屋」は4年前に建てられたのですが、
その頃僕も資材を持って登山をしたこともありました。

「出作り小屋」と言うのは昔、そこで寝泊りをして
木を切ったり炭を作ったりした作業小屋のことです。

現在は麓の人が趣味で横の小さな小屋に寝泊り・自炊をして、
山の整備をしたり、草木を育てたりしています。
この湧き水がすごく冷たくて美味い!、夏は天然の冷蔵庫ですね。

この山の番人は、前にも掲載した「猟師料理・弧狸庵」での知人で、
久しぶりに会って話をしていたら長話になってしまいました。
鉄砲を使わなくて、仕掛けで熊3頭、猪15頭も捕獲したようです。
ある時期、僕も老後は こんな生活に憧れたことがあるのですが、
目の前で見ると自分には厳しいようですが、(夜が寂しくて、怖い!)
慣れると楽なもんや!とさらっと言い放っていました。

この小屋で会ったのは3年ぶりで、行くのが遅かったのと、話し込んだため、
今日は頂上まであと1キロのと地点で登るのを時間切れで諦めましたが、
珍しい花・ショウキランのあるところを教えてもらいました。

【 ショウキラン 】(鐘馗蘭) 5~7cmの高さで、花は2cmほど
深山の樹林下や笹原に生える多年性の無葉蘭。
花の印象を頬当をした武者の顔に 見立て、
それから鬼を追い払う鐘馗を連想した名前のようです

各地に点在はしているのですが、絶滅種に指定されていて、
この山でも以前は4本あったのですが、今は2本しか残っていないのです。
この花を知ったのも、見たのも初めてで嬉しかったです。
[PR]

by hirospace | 2005-06-20 09:28 | 風景 | Comments(5)  

Commented by kureyon45 at 2005-06-20 21:58 x
山登り・・・・してみたいけど 体力に自信のない私には 縁遠いものかしら?「ショウキラン」 2本しかないのですか?そのお花を見ることができたなんて 自然を愛する人へのプレゼントなのでしょうね。羨ましいことです。
Commented by mshin11 at 2005-06-20 22:01
森林浴が出来ていいですね、こんなところが近くにあって
いいですね、私はせいぜい公園の緑を求めていきます。
Commented by hirospace at 2005-06-21 07:33
>kureyon45さん
1000kmのツーリングが出来る人なら、まったく問題がありませんから
そのうちに、一緒に登りましょう!
Commented by hirospace at 2005-06-21 07:37
>mshin11さん
豊かな自然が近くにあるというのは、田舎に住んでいる有り難味でしょうね。
マイナスイオン効果があったのでしょうか?
気分爽快になりました。
Commented by mayaha at 2005-06-21 10:44
ギンリョウソウ、初めて見たときは気持ち悪いと思ったのですが、近頃では探しています、なかなかこんなにきれいなのには出会えないです。
ショウキランにいたっては探しても見つかりません(~_~;)

<< キャンドルナイト 多彩なアジサイ >>