夕もや

18時過ぎに、峠を下る途中に道の横を流れる川の辺りが霞んでいました。
あまり見たことがない風景だったので、車を止めて近づきました。


気温が高くて、梅雨時で蒸していたので、
川の冷たい水が蒸発して「もや」が出ているのでしょうか?
逆に気温が低くて、川の水温が高くて、もやが上がるのを見たことはあるのですが、
このような「夕もや」は初めて見ました。
写真では巧く表せていないのですが、
ちょっと、幻想的な風景で、このもやの中に吸い込まれそうな趣がありました。


[PR]

by hirospace | 2005-07-10 19:36 | 風景 | Comments(2)  

Commented by mshin11 at 2005-07-10 20:27
なんて素敵なもやの中、こんなところへ行くなんて
hiroさんもロマンチストね。枯れた魅力の・・・・・(#^.^#)
Commented by takako at 2005-07-11 14:56 x
早朝、山の湖から霧が生まれるのを見た事があります。

幻想的に見える。はっきりとは見えないと言うのは心引かれますね。

<< 小さな畑の小さな仲間 七夕祭り >>