白馬・五竜山野草


麓の とおみ駅からテレキャビンに乗ると、
7分で標高1600mのアルプス平駅に着きます。
小遠見山(2,007m)まで往復3時間のトレッキングするつもりだったのです。
でも、昨日からの霧が相変わらず山の上では晴れなくて、
地蔵の頭(1,676m)まで上りました。

ここからだと正面に五竜岳や唐松岳、白馬三山が眺められるのです。
30分ほどケルンの前で休みながら、雲の切れ具合をうかがっていましたが、
諦めて分岐点からアルプス平遊歩道を歩いて戻りました。

遊歩道の脇には夏の高原を彩るニッコウキスゲが咲いていました。

また、薄紫のオオバギボウシが美しい花をたくさん着けていました。

アカバナシモツケソウだと思いますが、濃いピンク色がすごく綺麗でした。
自然の中で自生している花は可憐で美しいですね。

遊歩道からアルプス駅までは広大な山腹が「山野草園」になっていて、
約150種類の山野草が植えられています。
ここ1ケ所で、沢山の花が見られるので、便利ですが、
山の中で見られるような感動はありませんでした。

名前は知っていても、見たことが無い花もありました。
写真を撮りながら、名前をメモしていたのですが、整理していると分からなくなりました。


高山植物の女王と言われる「コマクサ」が沢山咲いているのは嬉しいですね。
(白コマクサもありました)

イブキジャコウソウが絨毯のようになっているのは見応えがありました。

ホタルブクロ・・色がいいですね。

 イワギキョウ・・白山の室堂で見たときはもっと背が低かったです

山野草園のニッコウキスゲ
[PR]

by hirospace | 2005-07-27 19:53 | 旅行 | Comments(3)  

Commented by kureyon at 2005-07-28 09:44 x
自然の図鑑みたい?本物を見られるというのは、なんとも贅沢なことですよね。
Commented by mayaha at 2005-07-28 10:18
その他の写真も見せていただきましたが、白いコマクサいいですね~
イブキジャコウソウの絨毯も本家にはあんな群生はないですよ!
蓮華・姫川・遠見と涼しいとこ三昧、山野草三昧、贅沢です!
Commented by micho7 at 2005-07-31 11:48
自然のお花畑ですね。
どのお花にも、自然の中で懸命に生きてきた生命力を感じます。
いいものをみせていただき、ありがとうございました。

<< アメリカフヨウ 姫川源流の梅花藻 >>