河内千丈温泉・平安まつり

白山市・河内千丈温泉(旧河内村)にはスキー・キャンプ場と温泉(国民宿舎)があります。
ここの夏祭りは、村民による時代絵巻が毎年楽しみなのです。

今年は少し企画が変わって、若者も楽しめるようなバラエテイ―な構成にされていました。
若手アーテイストによるライブパフォーマンスやダンスには大きな歓声が上がっていました。

僕には、この山里(河内)に伝わる平家落人伝説を踊りや和太鼓で演出しているのが、興味深かったです。

夜は山間の涼しいところ(20℃)ですが、ステージで繰り広げられる演目には、
熱気が伝わり音楽や和太鼓の響きとが大自然に溶け込んで
平安から平成の今、820年の時空を越えて伝説が甦っていました。

しばらくして、気がついたのですが、今年は出演者の大半がプロでだったのですね。
どおりで巧い(過ぎる)なあ~と思いました。
やはりプロの演技力には訴えるものが違うと痛感しました。

でも、僕の地元の子供たちを中心にした大杉ミュージカルシアターが演じた
童歌や踊りはすごく素朴で、雰囲気に合っていました。

フィナーレは弓から放たれた矢が御神火に移り、

燃え上がる炎とともに音と光の異次元空間で締めくくられました。

[PR]

by hirospace | 2005-08-01 15:03 | 祭事 | Comments(1)  

Commented by mshin11 at 2005-08-01 18:39
お久しぶりです。
面白そうな芝居ががあるのですね。
なかなかここまで凝った祭りはありませんよね。

<< 百日紅 ひまわり >>