雨の立山

お盆休みに山に向かうと雨に会う事が多いです。
尾瀬も立山も2回、白山も去年は雨でした。
c0022275_10362418.jpg

小松から小松バスの立山室堂直行便だと6000円でお弁当付きで便利で安価で行けるので時々利用しています。
それを予約してからお天気が悪くなったので、キャンセルしようかと思案しながらも雨覚悟で出向きました。
c0022275_10364976.jpg

弥陀ヶ原辺り
麓を走っている時は日も指してお天気の回復が期待できましたが、アルペンルートに入って弥陀ヶ原の七曲辺りからガスがかかって来て、室堂に着くと、濃霧で視界は10mもなく、風も少しあって寒かったです。
合羽を着て準備をしていると、小松から一緒だった親子さんが、どうしようか困っておられたので、ご一緒することになりました。
一ノ越山荘に着くと、雨も強まって来ました。
c0022275_10375720.jpg

山荘の中で一休みして、登ろうか下りようか?思案もしましたが、立山は初めということだったので、とにかく行ける所まで行きましょう!ということで、先導しました。
夏休みなので親子連れや中学生なども見られましたが、お天気が悪いので、混雑はありませんでした。
c0022275_1038543.jpg

ガスがかかって、下界も山頂も見えないのが幸いしたのでしょうか?恐怖感もなく、急な登りもガレた岩場も難なく付いて来られて、1時間半で雄山の山頂に立てました。
晴れておれば、3000mの高さも体験出来たのでしょうが、ガスの中だと周囲しか見えません。
とにかく白山より高いところに立っているのですよ!ということで、登頂達成を喜んでいただけて、お嬢さんと記念のハイタッチ?です。
c0022275_10391771.jpg

この日は天候が悪かったので、雄山神社峰本社のお払いも山頂でなくて、下の授与所で受けました。
c0022275_10394628.jpg

気温も10℃と汗と雨で濡れたため肌寒くて、お弁当を急いで食べて、下山することにしました。
想像外の急な登りだったということで、下りは怖い!と心配されていましたが、
ゆっくり下りますから、後に付いて来てもらえば大丈夫ということで、下山初めましたが、雨が顔にたたきつけられて、痛かったです。
一ノ越山荘まで下りた頃には雨も上がって、雲間から立山連峰が時々、顔を見せてくれましたが、雄山辺りの雲は晴れてくれませんでした。
c0022275_10404152.jpg

室堂平辺りにはたくさんの観光客も寛いで、少し見えてきた立山に歓声も上げたおられましたが、ミクリガ池に寄っていると、またガスに覆われてしまいました。
c0022275_10412633.jpg

予定通り15:00前に全員が到着して、帰路に着きました。
c0022275_10422881.jpg

同行者は夫婦連れ、友達同士で、僕だけが一人でしたが、謙虚な母親と気さくで可愛いお嬢さんとご一緒できて、楽しい時間をすごすことが出来ました。
c0022275_10431861.jpg

[PR]

by hirospace | 2015-08-14 10:43 | 登山 | Comments(4)  

Commented by hanakitagawa5 at 2015-08-14 20:38
あんなに猛暑が続いていたのに、本当にお盆を待っていたように雨が降ってきましたよね
親子さんには、初めての立山(雄山)なのにあいにくのお天気でお気の毒でしたが、きっと思い出に残る登山になったのではないでしょうか
気軽に登れる山でも初めては怖いもの 素敵な先導者に恵まれ登頂されたので 富山県民としてもとてもうれしく思います
それでも すっきりと晴れた初秋のお天気が安定した時の立山に是非再挑戦していただきたいと節に願うものです
室堂から眺める立山三山、頂上から見下ろす景色運が良ければ小さく見える富士の山、何とも表現のできないコバルトブルーのみくりが池などなど  自然の雄大さを感動していただきたいものです 

かくいう私もお盆前の猛暑の中でしたが、標高が上がるにつれ、ガスやパラパラっと雨に降られながらも大日岳に登ってきました
山は夏真っ盛りより、初秋が安定した晴天が期待できるそうですよ
Commented by rollingwest at 2015-08-16 07:35
折角の夏山が雨になって残念でしたが、近いのですからまたリベンジできますよ。山は逃げるわけではないのでまた快晴の日に楽しめることを祈念いたします。

Commented at 2015-08-17 16:02 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by hirospace at 2015-08-17 16:41
謙虚な母 様

コメント、ありがとうございます。
せっかくの登山もお天気が悪くて、楽しみも半減(それ以下?)でしたね。
距離は短いですが、やはり3000m級の山で、一ノ越からはかなりの急登ですから、慣れない足腰には堪えたと思います。
バスの時間がなければ、もっとゆっくりと時間をかければ多少は楽になったかも知れませんが、ある程度、回数を重ねると脚力もついてくると思います。
白山は立山より距離が長くて時間がかかりますが、あんな急な上りはありませんから、是非、また挑戦してください!
その際はまた案内役を努めさせていただきます。

<< 小松うどん (きつねうどん) 伊吹山 夏のお花畑 >>