紅葉する赤兎山

早朝から大野市の三ノ峰に向かいました。
c0022275_19331147.jpg

6:00に上小池の駐車場に着いたときはうす曇でしたが、準備をしていると雨がポツリ~と降ってきました。
c0022275_19333679.jpg

合羽を着て、登山口まで歩きましたが、雨が強くなって来ました。(想定外)
どうしようかと迷いましたが、お天気は次第に良くなるだろうから・・と思って30分程登ったところで
3人が次々に下山して来ました。分岐まで登ったけれど雨が強くて濃いガスに覆われて、お昼まで晴れないだろうということだったので、僕もその時点で諦めて下山しました。
8月は体調不良で途中で諦めて再度の挑戦でしたが、今回はお天気が悪くて、諦めることになりました。
どうもこの山とは相性が良くないようです。
そこで、どうしようかと考えた挙句、大野城が雲に上に見えるのではと思って、大野市内へ向かいました。
c0022275_19342172.jpg

途中、眺めるといい感じに雲が浮かんでいてので期待をしたのですが、近づいてみると、山城の上に雲が上がっていて、駄目でした。(がっくり!)
もう、仕方がないので大野の七間朝市によって、定評がある大野のサトイモを買いましました。(8:00)
c0022275_19343652.jpg

c0022275_19523645.jpg c0022275_19525196.jpg


その頃には雨も上がって、少し晴れ間も見えてきましたので、帰路の途中にある小原から赤兎山に向かいました。
c0022275_1935550.jpg

この山は部落はずれに、ゲートがあって朝7:00から夕方5:00まで通行ができます。
何度かよっているので顔見知りになっている番人のおじさんと話しているすと、赤兎山も朝7:00頃は結構雨が強くて、数人が戻って行ったけれど、そこそこの人が登っているよとの事でしたが、青空が見えて来ましたので、駐車場に向かいました。(’9:30)
c0022275_19361866.jpg

あちらこちら寄っていたので、時間はすでに10:00になっていましたが、この山は1時間半ほどで登れるので時間は十分にあります。
c0022275_19364247.jpg

少し登ったところでお母さんとお嬢さんの連と一緒になって、運良く登ることになりました。
c0022275_1937870.jpg

福井の武生の方だったのですが、赤兎山は初めてということなので、山の概要などを話ながら登るのですが、
とても楽しいかんじのいい親子で、僕もすっかり馴染めました。
特別な話もないのですが、何だか愉快な仲間で笑い話のようになっていました。
c0022275_19381485.jpg

45分ほどで、小原峠の大長(おおちょう)山との分岐に着きました。
ペースはゆっくりですが、そんなに遅くもないのですが、ここからは急な上りがしばらく続きました。
すると足が上がらないとか、足の運びが分からないとか、また笑い話です。
c0022275_1940365.jpg

紅葉もすこしずつ綺麗になって、周りの山もちょっと見えるようになり、11:30に山頂(1628m)に着きました。
山頂には数組しか居なくて、大半は先の非難小屋に居るようなので、ここでお昼にしました。
山頂の表示板が取替え中で、その穴の中に入って、記念撮影です。
c0022275_1940577.jpg

やはり白山は黒い厚い雲に覆われていましたが、ご飯が終わる頃には雲がかなり取れて来ました。
山もすると前山に着くころには雲がとれて、白山が見られる期待が持てました。
山頂から前山に向かって下るところから眺める山容が赤兎山の一番のビューポイントです。
緑、黄色、橙、赤が混じって山肌を覆っていて、とても綺麗な紅葉が見れました。
c0022275_19414685.jpg

30分で非難小屋に着きましたが、小屋の中は大勢の人が昼食中で賑わっていました。(13:00)
その先の前山まで行くと、完全に雲が取れて青空の下に白山から別山、三ノ峰、銚子ヶ峰の連山が綺麗に見えました。
c0022275_19421467.jpg

お昼前に諦めて下山した人も多いようですが、ゆっくり登ってきたおかげで、嫌いな光景に出会うことが出来ました。
初めて直前に大きな白山連峰を見た人は皆、口を揃えて感動されていました。
c0022275_19423782.jpg

見下ろす赤兎山の前山も、見返す赤兎山もまたいいものです。
c0022275_19493813.jpg

赤兎山に戻ると、今度はたくさんの人で狭い広場が埋もれていたので、14:00下山することにしました。
c0022275_1943466.jpg

あの急な上りでは、お母さんが足の置き場に迷って、体と足が逆をみ向いて、下らないで上っているという面白い光景に出会って、皆で大笑いして、足よりも笑いで腹筋が痛く感じました。
c0022275_19435574.jpg

そんなこんなの珍道中なれど、下山は1時間30分で、15:30に登山口に着きました。
朝から、迷ったり、諦めたりの面白くない時間も過ごしましたが、結果的には連れの親子さんのお陰で楽しい時間を過ごせたことは想定外の喜びになりました。
c0022275_19441686.jpg

リンドウ
[PR]

by hirospace | 2015-10-04 19:49 | 登山 | Comments(4)  

Commented by hanakitagawa5 at 2015-10-06 15:08
赤兎は兔年の時に干支にこだわって一度登りました なので、今から4年ほど前になるのでしょうか その時もすばらしい紅葉で気持ちよく登れたのを思い出しました 
大野城は今結構注目されていますよね 雲海に浮かぶお城を見るのはどこの山に登ればいいのか、気になりますが、早朝は無理かなぁー  春の芝桜の時に、お城の天守閣には登ったことがあります かわいいお城でした 
Commented by hirospace at 2015-10-06 15:18
hanakitagawa5 さん

コメント、ありがとうございます。
効用の時期は特に人気のある山です。
隣の大長山は赤兎山よりも少々距離が長くて3つ尾根を越えるのでアップダウンもありまさうが、一緒に登られる方も多いです。
紅葉の時期は小原峠の分岐から、紅葉した樹林帯を歩くような感じで、いい山です。

雲上の山城の写真は天候と時間を合わせるのが難しくて、なか~撮れません。
Commented by 遅れまして>_< at 2015-10-08 20:55 x
うまくHPが開けず遅れてしまいすみません>_<
4日に赤兎山にご一緒させてもらった親子です(^^)
初めての赤兎山でしたが
とても楽しかったです!ぜひ他の山も一緒に登りませんか?^ ^
梅ジュースもありがとうございました‼︎
疲労回復できましたっ!
本当にありがとうございましたっ(^^)‼️
Commented by hirospace at 2015-10-09 11:55
遅れまして さん

お手数をおかけしたようですが、コメント、ありがとうございます。
僕の方こそ、ご一緒させていただいて、楽しい登山が出来ました。
また、機会あれば、ご一緒したいものですね。
(連絡は hirospace328@yahoo.co.jpに、メールを頂ければ幸いです)

<< 山栗の渋皮煮 初秋の取立山 >>