位山 (飛騨・高山)

ブログで古代神話になぞらえた面白い山があることを知って、訪ねて来ました。
c0022275_1832996.jpg
分水嶺碑
飛騨高地の中央に位置する岐阜県高山市の標高1,529mの山で、 飛騨北部と南部の境界であり宮川と飛騨川の分水界である位山分水嶺の山です。
二百名山なので、パワースポットとして人気があるのか?関東や関西など遠方からの登山者が多かったです。
c0022275_1841523.jpg

登山口はモンデウス スキー場のゲレンデ脇から登りますが、山頂まで4km(約2時間)あります。
登山道脇には巨岩奇岩がそこらじゅうにあり、それぞれ神に委ねた名前がついています。
この山は飛騨一宮水無神社の奥宮ということで山全体が御神域ですが、スキー場があるのは・・?
c0022275_1852865.jpg

天孫降臨の地としては、宮崎県の高千穂町には日本神話において、天照大神の命を受けて葦原の中つ国を治めるために高天原から日向国の高千穂峰へ天降ったという神話がありますが、この山ではそれほど神々しい感じはしませんでした。
c0022275_1855422.jpg

天岩戸を過ぎるとしばらくで山頂(1529m)に着きますが、若い人はここから川上岳をピストンすると、歩いて行きました。
c0022275_1862495.jpg

また、山頂の直ぐ下には立派な水場(があって、御神水と名づけられていました。
c0022275_1864323.jpg

遠望の利く日には北アルプスの山々から御嶽、白山まで一望という展望の山なのだが、今日は残念ながら遠望は利きませんでした。
c0022275_1874627.jpg

c0022275_1811876.jpg

下山はゲレンデの方でなくて、巨石群登山道を下ると1時間足らずで、ダナ平林道の登山口に下ります。
車でも上がって来られる林道なので数台の車が止まっていました。
c0022275_1883191.jpg

c0022275_1892839.jpg

この林道が長くて、1時間余りかかって、スキー場の登山口に着きますが、この林道を車で上がれば、上り1時間で山頂に着けるので、楽々です。
c0022275_1894444.jpg

[PR]

by hirospace | 2015-10-13 18:11 | 登山 | Comments(5)  

Commented by nonohana07 at 2015-10-13 22:04
位山も綺麗に紅葉しているようでうすね
巨石群の登山道を下るとよかったのですが、林道歩きに時間がかかるようだったので来た道を戻りました。こちらの林道を車で登る人も多いようですね
私たちもそうでしたが、展望が少し残念でしたね
Commented by hirospace at 2015-10-14 08:33
nonohana07 さん

二百名山ということで、遠方から来られている人が多くおられました。
山全体が麓の飛騨一宮水無神社のご神体になっているということですが、新興宗教のご神体や建物もあるのが、ちょっと気になりました。
Commented by hanakitagawa5 at 2015-10-14 22:03
私も2013年の10月に登りました おもしろい山ですよね 
巨岩が色々あったり、登山口辺りに 大きな丸い球体があったりしたことを思い出しました (^^)/
Commented by rollingwest at 2015-10-15 22:26
位山は15年ほど前に家族で登りましたが確かに神々しさは一切感じなかったです。しかし古代史から見るとこの山の神秘性は四国剣山と同じくらい秘密が隠されているようなのです。天孫降臨、天の岩戸伝説があるのも何かありそうです。この週末は戸隠山に登りますがこの山も天の岩戸伝説があります。
Commented by hirospace at 2015-10-16 09:46
歴史伝説などにお詳しい貴殿のことですから、やまりご存知の山でしたか?
紹介されて、興味深々で訪ねましたが、ちょと期待はずれでした。
戸隠山には 蟻の塔渡りや剣の刃渡りがあって、上級者には楽しいコースですね。
小生は斑尾や笹ヶ峰高原での散策と会の仲間と鍋パーテイーを予定しています。

<< 紅葉の斑尾高原を散策して秋の実を採取 山栗の渋皮煮 >>