山ブドウのジュースとジャム

今年は山ブドウの実が豊作なので、自生のもので作れるといいのですが、自生のものはそれほど沢山採取するのは大変難しいので、連年、東北の農園から2~3kgの実を安く送ってもらっています。
c0022275_9193379.jpg

<レシピ>
c0022275_9194958.jpg

房から実を外して、ブドウの粒を鍋に入れて、沸騰しない程度の火加減で加熱しながら、実をマッシャー(木べらなど)でつぶします。
c0022275_9202782.jpg

果汁が出てきたらザル(またはネット袋)にあけて、粒をしっかり搾って、果汁を取ります。
c0022275_9205425.jpg


取れた果汁を鍋に戻して、砂糖を加えながら溶かせば、濃縮なジュースが仕上がります。
c0022275_9213722.jpg


◎ジャムにする場合はペクチンを加えて、とろみが出るまで弱火で煮詰めれば出来上がります。
c0022275_924108.jpg
  
そして、搾りかすを鍋に戻して、1Lの水を加えて10分
ほど過熱して、砂糖を加えて、再度ジュースを作ります。
c0022275_9231621.jpg


2kgの実で、200gのジャムと濃縮ジュース(ソース)と1Lのジュースが仕上がりました。
c0022275_925313.jpg


長期に保管したい時は瓶詰めをした後に20分ほど蒸して、真空処理をします。
c0022275_9274611.jpg

ソースはヨーグルトやソフトクリームに載せて食べると美味しいです。
ここ最近、山ブドウには高ポリフェノールが含まれているので、女性の美容や健康食品としても人気が高まっています。
自分で作ると大変手間ですが、その過程を楽しみながら、また甘さや濃縮度も好みで加減できて、仕上がりが楽しみです。
[PR]

by hirospace | 2015-10-23 09:28 | 料理 | Comments(2)  

Commented by hanakitagawa5 at 2015-10-23 13:57
美味しそうなジュースやソースやジャム 手作りなんてすごい!
でも確かに市販されているものは自分の甘さじゃないので、今一ですから手作りに限るのですが、見ているだけで 尻込みしそう (^_^;)
私もヤマブドウは無理なので、かりんのジャムでも作ろうかなー
と触発されました (*^^)v
Commented by hirospace at 2015-10-23 15:37
hanakitagawa5 さん

自分で飲んだり食べる量は限られているので、ジャムを友人にあげると喜ばれますが、それも楽しみにしているのかも・・。

近所にカリンの実がなっているを見ながら、僕も頂いて、シロップ漬けにしようかな?と思って、ところでした。
子供が小さいときは「咳止め」として、数年作っていましたが、カリンの実は固くて、切るのが大変でした。

<< 簡単!揚げない大学ポテト 紅葉の斑尾高原を散策して秋の実を採取 >>