花梨のシロップ(加熱)

花梨の木は「借りん」というゴロ合わせから縁起のいい庭木だと親戚の庭師から言われて、親父が庭に植えていましたが、増築の際に切られていました。
c0022275_18365461.jpg

事務所の近くに実がたくさんなっていたので、頂いたのですが、青かったので熟すのを待っていましたが、完熟のものが沢山なる頃になったので改めて頂きました。
今では実を使う人もほとんどいない!と話していました。
僕も子供が小さかった頃から、しばらく作っていなかったのですが、最近、時々喉に痛みを感じるときもあるので、炎症などを和らげるのに効果のあるシロップを作りました。
c0022275_18585562.jpg

普通は実を切って、氷砂糖や蜂蜜で漬けて、一ヶ月ほど待つと果汁が出て、シロップにするのですが、今回は違った方法(加熱して)で、作りました。

c0022275_1914211.jpg

花梨の表面には油・アクが生じているので、塩や熱湯をかけて、綺麗に洗います。(4個で600g)
実を半分に切って、種(後で使うので保管)や芯を取り出すのですが、花梨の実はとても硬いので、切るのが大変です。(芯を除いた実を軽量しておく・・500g)
c0022275_18524890.jpg

ピーラーで皮を剥いて、取って置いた種と一緒に煮込みます。
c0022275_18531527.jpg

その間に、皮を剥いた実を薄くイチョウ切りにして、先の種と皮を煮込んだ汁と実が浸るほどの水を加えて煮込みます。
c0022275_1853314.jpg

実がヘラなどで簡単につぶれる程になれば、ザルなどで漉します。
その汁に果実の重量の半分程度(少な目ですが、70%まで)の砂糖を加えます。(今回は砂糖200gと蜂蜜も50g加えました)
c0022275_1853458.jpg

30分位煮詰めると、薄茶色から赤みを帯びてきて、1時間ほど煮込むととろみが出て来て、透明感のある綺麗な茜色になり、火を止めて仕上がりです。
c0022275_18541671.jpg

c0022275_18544043.jpg

市販されている花梨飴よりも綺麗で濃厚なシロップ約400ccが仕上がりましたので、消炎効果も楽しみです。
c0022275_18545838.jpg

[PR]

by hirospace | 2015-11-04 19:02 | Comments(2)  

Commented by hanakitagawa5 at 2015-11-04 21:17
皮と種の煮汁を入れて実を煮込むのですね 種も使うのは味や薬効に違いがでますか? 
私も作ろうと思っているのですが、今年遅めに作った赤紫蘇のシロップがまだ残っているのでもう少し少なくなってからにしようかと思い今は玄関に飾っています でもそろそろ作らないと腐ってしまったら大変ですよね (^_^;)
Commented by hirospace at 2015-11-05 08:15
僕も去年のシロップが残っていましたが、捨てました。

果実の中にある褐色の種子に含まれるアミグダリンは、アルコールに漬けたり、熱を加えると加水分解してベンズアルデヒドに変化し、咳止めとしてすぐれた効果を発揮します。

<< 晩秋の木場潟 パイシートを使ってアップルパイ >>