ゆず祭りとマーマレード

隣町の能美市(旧辰口町)の里山で柚子が栽培されています。
c0022275_1674387.jpg

小規模ですが、国造柚子生産組合が有機栽培無農薬でで愛情込めて育てた柚子を毎年、この時期「能美柚子まつり」に安く販売しています。
c0022275_168266.jpg

柚子は苗木を植えて収穫できるようになるのに約20年かかると言われています。(桃栗3年、柿8年、柚子の大馬鹿18年という言葉があります)
去年は不作でしたが、今年は豊作です。
果実は豊作と不作がおよそ一年毎に繰り返されますが、豊作だと栄養分が全部取られる為に、翌年は不作になり、不作だと木に元気が残っているので、翌年は豊作になるという理屈です。

c0022275_16105130.jpg

早速、今年もマーマレードを作りました。
ブログを見ると、飽きずに10年以上も続けて作っているのが、自分の事ながらもお可笑しい思いもしています。

<マーマレードのレシピ>
c0022275_16839100.jpg

1.水でよく洗って、半分に切って、スプーン中身を穿り出し皮と実に分けて実から果汁を搾り出します。
グレープフルーツやレモンの果汁を搾る皿を使いました。
種は煮る時に使いますので、少し残しておきます。
c0022275_169654.jpg

2.皮を千切りにして、あく抜きに水でしばらく晒して置きます。
沸騰したお湯に皮を入れて、再沸騰さっせてから2~3分茹でます。

3.茹で上がった皮を、たっぷりの冷水に晒して置いた後、水を切ります。
皮と果汁と鍋に入れて、ひたひたになるように水を加えます。
(白い袋には種が入っていますが、種にベクチンが多く含まれているので、一緒に煮込み、後から取り出します)
c0022275_1693933.jpg

4.皮の重さと等量の砂糖を2度ほどに分けて入れて、木ベラで混ぜながら煮詰めます。(甘さを確かめて砂糖の量を加減する)
c0022275_16165136.jpg

煮詰め過ぎると苦味が出ますから、ある程度のトロミが出たら火を止めます。
熱い内に消毒した容器に詰めれば出来上がりです。
c0022275_1617675.jpg

また、一部は果汁を絞って、砂糖を加えて、少し加熱してジュースにしました。
皮と果汁のの一部は後日作る予定の「ゆず味噌」用に取っておきました。
[PR]

by hirospace | 2015-11-14 16:17 | 料理 | Comments(0)  

<< 大根寿司(鰊との麹漬け) 晩秋の木場潟 >>