小松・お旅祭り

江戸時代から受け継がれる曳山(ひきやま)で地元の小学生が歌舞伎を披露する石川県小松市の「お旅まつり」が13日に開幕しました。
今年は曳山が登場してから250年の節目にあたり、当番町の二町が華やかな子供歌舞伎を上演しています。
c0022275_16285868.jpg

 お旅まつりは、市中心部にあるう橋神社と本折日吉神社の春季例大祭で、今年は材木町が忠臣蔵を題材にした「仮名手本忠臣蔵 七段目 一力茶屋」を、西町が江戸時代の加賀藩を舞台にした物語「辰巳用水命光輝(いのちのかがやき) 稲葉左近館之場」を上演する。
c0022275_16291537.jpg

 材木町の初演では、着物やかつらを身に着けた子供役者たちが曳山の舞台や花道で堂々とした芝居を披露。立ち見客も含め多くの人が集まり、役者の登場や見えを切る場面では「いよっ」「待ってました」と声を上げて公演を盛り上げていました。
c0022275_1629465.jpg

 15日までのまつり期間中に市中心部で計十八回の公演があり、14日には、同市の細工町交差点で各町が保有する曳山八基が勢ぞろいする「曳山八基曳揃(ぞろ)え」を開催しています。
c0022275_16301155.jpg

c0022275_16302638.jpg

こまつ姫御前
[PR]

by hirospace | 2016-05-14 16:30 | 祭事 | Comments(4)  

Commented by hanakitagawa5 at 2016-05-16 13:48
子供歌舞伎は砺波市でもあるのですが、まだ一度も見に行ったことがありません 一度は見てみたいと思っていますがなかなか行けていません 
小松の御旅まつりも機会があれば見に行きたいです 
来年でも 
Commented by rollingwest at 2016-05-17 07:23
小松にもこんな華やかな曳山祭りがあるなんて初めて知りました!さすが加賀の華やかさは全県に広がっていたんだと懐の深さに驚きです。
Commented by hirospace at 2016-05-17 08:02
hanakitagawa5 さん

小松には特別なイベントも少ないので、この祭りの時は賑わいをみます。
伝統を受け継ぐには世話をする人や演技をする子供たちの練習も大変なものです。
Commented by hirospace at 2016-05-17 08:04
rollingwest さん

前田公の勢力は加賀方面から富山までに及び、史跡や伝統文化にも大きな功績を残しています。

<< 万波高原で山菜採りとBBQ 富士写ヶ岳から小倉谷山、火燈山を縦走 >>