夜叉ヶ池

北陸道今庄ICを出て、R365を広野ダムに向かい、約15分、未舗装の道路を進めば登山口に着きます。
c0022275_20242654.jpg

この時期は、山アジサイ、小アジサイが登山道脇に咲き、ササユリもちらほらと見られて、途中カツラの巨木やトチノキの大木に遭遇しながら、ブナ林の中を約2時間の登山で美しい夜叉ヶ池に到着します。
c0022275_20194352.jpg

夜叉ヶ池は、福井県の南端と岐阜県境に標高1099mに位置し、池の周囲約545m、最深は7.8mです。
ブナの原生林に囲まれ、満々と水をたたえ、昔から雨乞いの池、また伝説の池として知られている幽玄な池です。
c0022275_20201310.jpg

午後から雨が予想されたので、早めに家を出て100km走り、8時過ぎに登山口に着きました。
人気の山なので、混雑するかと思いましたが、狭い駐車場もまだ空きスペースもありました。
c0022275_20205553.jpg

8:20 登山開始、30分ほどで夜叉が滝が見えました。
c0022275_20255580.jpg

急登もなく、池まではハイキング感覚で登ってくる人もいます。
c0022275_20273134.jpg

1時間半10:00に池に到着です。
まだ、早いので団体もおらず、静かでしたが、風が強くて、小雨で少し濡れていたので、すごく寒く感じました。
c0022275_20213195.jpg

池の上の稜線のお花畑ではアザミ、イブキトラノオが咲き乱れニッコウキスゲも想像以上に混じって咲いていました。
c0022275_2022451.jpg

分岐のお花畑から山頂までは近いのですが、ちょっと岩登りの感じで、吹き抜ける強風に飛ばされそうになり、腰を曲げて登っていました。
山頂からは近くの三周ヶ岳や三国岳が見えましたが、風がとにかく強くて、顔に当たる雨粒が痛かったので、直に下山します。
c0022275_20231664.jpg

下りに見える夜叉ヶ池が綺麗でした。
c0022275_20234589.jpg

お花畑に戻って、岐阜県側からの登山道を少し下って、夜叉壁の写真を撮って、池に下って戻ると、山上の風が嘘の様に風がありませんでした。
まだ、11時でお腹も空いていなかったのですが、パンをかじって、下山することにしましたが、1時間半で登山口に着きました。
c0022275_2025239.jpg

[PR]

by hirospace | 2016-06-19 20:25 | 登山 | Comments(3)  

Commented by hanakitagawa5 at 2016-06-22 14:01
滝に木道から見える夜叉が池ニッコウキスゲを愛でながらのハイキング気分 良いですね
稜線のお花畑 沢山のイブキトラノオが咲いていたんですね
山頂までの岩登り 夏山! って感じでいいなぁー 
雨はいやだけど…  (^^ゞ 
Commented by hirospace at 2016-06-22 14:56
hanakitagawa5さん

今庄は小松から富山・立山山麓に行くのと、ほぼ同じ距離になります。
岐阜県揖斐川町と福井県の県境にあって、岐阜県側からも登られます。
夜叉伝説は岐阜県の麓の村に伝わるもので、あちらが表の登山口なのでしょうね。
山頂近くのお花畑、風が強くて直利しておられませんでしたが、綺麗でした。
Commented by rollingwest at 2016-07-05 06:26
夜叉ケ池!まさに天上の楽園という素晴しい場所!日本にはまだRWの知らない素晴しい場所が沢山あるんだなあといつも発見させてもらっております。
(PS)ビートルズ来日50年を記念して、懐かしのグループサウンズ特集を公開いたしました~

<< 本わらび餅 籾糠山 >>