能登の不動滝で滝行

中能登町井田にある熊野滝は滝の岩肌に不動尊が祀られていることから不動滝とも称されて、夏の間、観光で訪ねる人や滝に打たれる人でにぎわいます。
c0022275_833112.jpg

滝開きの7月5日には多くの信徒がお参りをするのですが、前もって、圓光寺に連絡をして、滝行を申し込めば対応してもられます。
c0022275_8333225.jpg

お寺で、滝行衣をお借りして、滝の近くにある脱衣所で着替えて、滝に近づくと汗がさっと引きます。
c0022275_83719.jpg

c0022275_8334842.jpg

この日は他に行をする人がなくて、数人の人が見ておられていましたので、写真を撮ってもらいました。
c0022275_8341244.jpg

20m上から滝から落ちてくる水に勢いは思ったほど強くなく、猛暑の時は丁度いい冷たさで気持ち良かったです。
なので、今日は、修行僧もいなくて、滝行というよりも水浴びのようなものになっていました。
c0022275_8354282.jpg

[PR]

by hirospace | 2016-08-16 08:35 | 旅行 | Comments(4)  

Commented by hanakitagawa5 at 2016-08-16 18:07
富山では上市の大岩不動の滝で修業する方がおられますが、こんな迫力はありません 
ナイスショットですよね  
本当の滝行修験者見たい (*^^)v 気持ちよさそうですね


Commented by hirospace at 2016-08-16 18:41
大岩さんには訪ねたことがありますが、立派な不動尊ですよね。
沢山の滝口があって、修行が出来料になっていますね。

不動滝は7月5日の滝開きにはかつての石動山の修験者を偲んで、僧侶や信者たちが滝行を行っています。
Commented by rollingwest at 2016-08-22 13:30
素晴しい!一度滝行を体験して見たいと思っています。心が洗われるでしょうね~!今日からようやく夏休みで家でゆっくりしているRWでした。
Commented by hirospace at 2016-08-22 14:02
rowlligwest さん・・

もっと水が冷たければ、修行になったかも知れませんが、手ごろな冷たさで水浴びの感じがしていましたが、打たれた後は気持ちがさっぱりしました。

<< 蕎麦の花が満開(白山市) ひだ清見の森・おおくらの滝 >>