加賀 大日山

小松市の大日山は1368mで加賀方面では一番高い山で、近くに鈴ヶ岳や小大日、甲と連なって見られます。
c0022275_2072623.jpg

登山口は鈴ヶ岳から大日山に向かうルートと山中温泉の奥・真砂町から登るルート(片道5km)がありますが、今日は最短距離(4km)で登れるルートで、小松市の国道416の終点近くの新保からの新しい登山道から初めて登りました。
c0022275_2075096.jpg

予断ですが、この国道は福井県の勝山市に通じる予定が途中で工事が止まったままで、行き止まりになっていると言う国道です。
c0022275_2082897.jpg

アクセスがいいともっと登山者もあるでしょうが、市が力を入れている割には登る人が少ないです。
c0022275_209787.jpg

登山口から、熊の平まで(40分)は大日川の支流沿いに登るのですが、途中3ヶ所ほど渓流を渡ることになりますが、飛び石はあるのですが、水流が多くて川に張られたロープを頼りに正に綱渡りをすることになり、結構楽しめます。(増水時には通行不可にもなります)
c0022275_2094585.jpg

そこから、ブナ林分岐(鈴ヶ岳からの登山道との合流点)までが長い上り坂(約60分)になっています。
c0022275_20103166.jpg

近くにカタクリ小屋があって、そこからはブナ林の綺麗な登山道が続き、山頂近くにちょっと急な綴れ折れを漉せば山頂に着きます。(50分)
c0022275_20105649.jpg

山頂の正面に白山の山並みが見えるのですが、今日は雲がかかって見えませんでした。
c0022275_20111776.jpg

山頂には15分いましたが、誰も登って来ませんでした。
c0022275_20114943.jpg

今日はこの登山道では上り下りも誰には会わなかったので、僕一人で楽な?寂しい思いをしました。
c0022275_20133612.jpg

この山は15年前になるのかな?初めて登山をしたのがこの山で、こんな辛い思いをするのなら、もう登りたくないと思ったりもしていましたが、それが今では2週間も山に行かないと体調が可笑しくなるような気分にさえなるのですから、不思議なものです・・。
c0022275_20144442.jpg

高度差 750m 延べ8.2km 
コースタイム 上り2H30M 下り2H
[PR]

by hirospace | 2016-10-03 20:14 | 登山 | Comments(2)  

Commented by rollingwest at 2016-10-06 06:19
岐阜の大日ケ岳は登ったことがあるのですが、小松にもあるのですね。単独行も楽しいものです。先日の10月で30度越えの暑さとは本当に異常気象ですね!台風来襲の数も多くて蒸し暑く雨ばかりの9月で今年は紅葉が遅くて色づきも悪そうなのかな・・?10月は天高く馬肥ゆる爽やかな青空を仰ぎたいものです。
Commented by hirospace at 2016-10-06 08:50
rowllingwest さん・・

大日とつく山は各地にあるようですね。
大日という名は山岳信仰と関係があるのでしょうか?
この日は夏日で、皮の水でタオルを何度も洗って、冷やしながら歩いていました。
500mlの水も飲み干してしまって、川の水を飲んでいました。
10月は山の予定が一杯ありますが、お天気とにらみ合わせになるかも知れません。

<< 妙義山 石門巡り 立山 (浄土山、龍王岳) >>