妙義山 石門巡り

流杉P5:00集合参加者11名が2台の車に分かれて、群馬県・下仁田町の妙義山に向かって出発。
片道約300kmあって、現地に着いたのが9時過ぎになりました。
c0022275_16254954.jpg

前に近くの山に来た時に妙義山を見ていましたが、その山容を見ただけでも、上級者向きの山で僕ら?には登れる山ではないと思っていましたが、初級者にも登れるコースもあるということで、中之嶽神社から石門めぐりにに登ることになりました。
c0022275_16261495.jpg

駐車場から見上げる山はデコボコと岩の突き出た山が壁のように衝立のようになっていました。
c0022275_16282582.jpg

登山道には かにのたてばい、たてばり、つるべさがり、片手さがりと短い鎖場がありました。
c0022275_16285296.jpg

c0022275_16291965.jpg

それ以上に名前の通り大きな岩がくりぬかれた石門をくぐったり、それは~変化に富んだ登山道で、楽しいやら、ちょっと?怖いやらの繰り返しで、広場に着きました。
c0022275_16295845.jpg

そこからは大砲岩や金洞山、白雲山などを見渡せる見晴台もあり、絶景を楽しめました。
c0022275_16302685.jpg

そして登山口の中之嶽神社に下りて、その上にある轟岩に登ることになりましたが、その岩の上に立つためには梯子を上らなければなりません!
c0022275_16325779.jpg

前の人が途中で躊躇している様子を見て、苦手な僕は登ることを諦めました。
後で、下から見上げるととんでもない所に立っている風景を見ました。
c0022275_16335074.jpg

お昼にもなったので、中之嶽神社境内近くにある茶店で蕎麦やこんにゃくのおでんなどを各自が注文して頂きました。
c0022275_16341785.jpg

帰り道にはその下しある妙義神社にお参りをして、富岡に寄って富岡製糸場を見学した後、夕食を小布施のレストランによって、帰路に就きました。
c0022275_16355859.jpg

流杉に到着をしたのが夜の9時になり、家には10時過ぎになりました。
遠いところまで、日帰りで出向いたので、結構疲れましたが、楽しい一日を過ごせました
[PR]

by hirospace | 2016-10-25 16:34 | 登山 | Comments(2)  

Commented by rollingwest at 2016-10-25 20:50
久しぶりの更新ですね!群馬県まで遠征されてきましたか!妙義山の中道コースは今から18年前に家族登山で行ったことが懐かしい。このコースにある岩峰上級コースは結構危険で事故が起きているようですが、絶対に歩いて見たいところです。ヘルメットも本当は必要なんだろうな~。こちらも久しぶりに山の記事を公開しました。糸魚川の青海黒姫山(8時間コース)ですが日帰りで行ってきました。北陸新幹線、便利過ぎます~!
Commented by hirospace at 2016-10-25 21:33
rowllingwestさん・・

貴殿なら、上級コースの踏破も可能でしょうね。

轟岩の下に中之嶽神社があることが後で分かりましたが、回り込んで、比較的楽に登れるのですが、駐車場から見ると大変な処に立っていることが分かりました。
この辺りには同様の山容の山が沢山あるように、見かけました。

<< 那谷寺の紅葉 加賀 大日山 >>