五箇山

天生峠から来た道(R360)を通って、白川郷に戻って来ました。
富山から岐阜に抜けるR126が白川郷に向かう車で渋滞していました。
東海北陸道を通れば白川郷ICから家まで2時間足らずで戻れるのですが、
下道を通れば、30分ほどで世界遺産のもう一つの地区である
富山県・南砺市の五箇山に行くことが出来ます。


早くから出かけて正解でした。
雨が強くなってきたので、何度も訪ねているので
村に入らないで道路脇から上平村の菅沼地区の集落村全体を写しました。
雪景色は別として、この時期がいちばん落ち着いた佇まいを見せてくれます。
去年葺き替えると聞いていた家の茅葺きが新しくなっていました。



少し下の方の平村には相倉地区の集落村があります。
こちらも村の駐車場には入らないで途中から山道に入って、
高台から村の全景を写真で撮りました。
観光客が雨の中を笠を死してさして歩いていく姿が見えます。
白川郷と違って、規模も小さいですが、それほど混雑もしていないし、
昔ながらの風情はこちらの方があるように思います。

五箇山トンネルを通り抜けると砺波平野が見えます。
城端は麦屋節の踊りで知られているところですが、
富山の干し柿「あんぽ柿」の産地で有名なところです。

干し柿用の柿はまだは少し色づいたところでしたが、
11月の中頃になると収穫されて、皮がむかれて、
オレンジ色の柿が農家のハウスで天日干しされている風景は
砺波平野の晩秋の風物詩です。(この時期は少し早かったです)
[PR]

by hirospace | 2005-10-26 16:16 | 風景 | Comments(3)  

Commented by mayaha at 2005-10-26 16:47
五箇山と白川郷、ごっちゃにしてました。以前行ったとき白川郷あたりから荘川まで大渋滞でした。
Commented by maikasatis at 2005-10-27 11:45
おはようございます~
白川郷は 知っていましたが、富山県・南砺市の五箇山は ここで知りました
何度も行かれてるのですね 雰囲気の素敵な 所です!
地図を広げて 探してみます(笑)
Commented by takako at 2005-10-30 10:07 x
カリフォルニア ベイエリアに来て オイル ペインテングの先生の教え子が白川郷から来ていて白川郷に行った話をしました。 聞けばきくほどみれば見るほど心がひかれます。集落の全景を見る事が出来るのはひろさんから初めてです。

<< 朝の雲 天生峠(あもうとうげ) >>