ズワイガニ漁解禁

日本海に冬の訪れを告げるズワイガニ漁が6日に一斉に解禁になり、
県内の漁港でも輪島、金沢、そして加賀市の橋立漁港から出漁しました。

橋立漁港では、お昼過ぎに10隻の底引き網漁船が帰港して、
収獲した初物のズワイガニが水揚げされて、活気付いていました。

心配されたエチゼンクラゲはカニ場には少なくて、ほとんど被害はなかったようです。
メスのズワイガニ(こちらではセイコとかコウバコと呼ばれています)は山積みされて、選別されていきます。

オスの立派なズワイガニは大きさ毎に直ぐにトロ箱に収められていきます。
生のカニは腹の白い方を向けて並べるのが正しいのですが、中の味噌が流れないためなのです。

産地を証明するために、石川県・橋立港のタグが付けられてあります。
量は少ないですが、この橋立港と福井県・三国港で水揚げされるズワイカニが最高の品質だと言われています。

漁期はコウバコ(メス)が資源保護のために来年1月10日まで、ズワイ(オス)は3月20日までです。
昨日から市場には並んでいますが、浜値ではコウバコが1匹5~800円で去年より、かなり安いようで、家庭向きです。
でも、ズワイ(大)は15000~20000円と平年並みのようですが、
お使い物でもないと、ちょっと手が出ませんね・・。
[PR]

by hirospace | 2005-11-08 20:13 | 風景 | Comments(2)  

Commented by skwakasaman at 2005-11-08 21:04
カニは私の好物です。
日本海もいよいよ冬じたくですね。
熱燗でカニ料理最高です。
Commented by takako at 2005-11-13 13:48 x
越前くらげの被害がなくて良かったですね。
hiroさんが行かれる所は許可書みたいなものがないと入れないのでしよう。いつも外側からではなく内側から撮影された写真を拝見しながら感心します。おいしそうな蟹。

<< 蔦燃え 新そばまつり >>