イチョウの紅葉

イチョウの街路樹の黄葉が日に映える美しさ、風に吹かれて落ちる黄色の葉、
株元に敷き詰められた黄色の落ち葉には侘びしささえも感じます。

町内の神社もイチョウの落ち葉が敷き詰められて
秋の晴れた日に彩りを添えていました。

何故、イチョウの大きな木が神社やお寺にあるのだろうか、
調べてみましたが、あまりよく分かりませんでした。

イチョウの原産地は中国南部で、日本には仏教の伝来と共に渡来したと言われています。
鎌倉時代の頃から、神社や寺の境内等に盛んに植えられるようになったようです。
[PR]

by hirospace | 2005-11-23 08:38 | 風景 | Comments(3)  

Commented by mshin11 at 2005-11-23 20:53
どこのブログへいっても最近は紅葉の写真が多いですね。
そういう私も今日は紅葉をはりはりしました。
Commented by maikasatis at 2005-11-24 14:30
銀杏並木 後の掃除が たいへんだぁ~!!
何と 夢のない事を 言ってしまった(笑)
Commented by takako at 2005-11-28 06:17 x
『燃える』 イチョウの紅葉。反射し合う光は その中に立った人だけが感じるものかもしれません。
ふかふかのイチョウの絨毯 みごとです。 近隣に大きなイチョウの木がなくて 久しぶりに見る光景です。

<< せせらぎの郷・おくりび山 那谷寺(なたでら) >>