餅つき風景

田舎でも、家で餅をつく慣わしがなくなっていきます。
世話をする人が少ないのと、一番の理由は餅を食べる人が少なくなったので作る甲斐がなくなったということでしょうね。
僕ももう20年以上も餅つきをしていません。(これからも機会はないでしょう)

せいろに約1升8合ほどのもち米を入れて、約2~30分蒸します。
初めは釜の湯が低いので、時間がかかりますが、上がりですと早いです。

押し餅用のキビや青海苔などはその上にかぶせます。(写真はキビ)

最初は小突きというのをして、米が飛ばないようにある程度固めるのですが、
数が多いと「餅っ子」でした方が楽で早いのでと、機械を使っていました。


最初は あまり杵を高く上げないで つきます。

「あんちゃんデカイ体しているから、いい餅なるやろね」
「それより、僕、手返しも出来ますよ!」
「あら、りくつなあ~(便利と言う意味)、ほな、次してもらいまっし・・」
打つ人に近づいてすることと、熱いですが、あまり水を付けないのがいいのです。
次第に、力を入れて高くから杵を打ち下ろすと、いい音が回りに響きます。
親父によく教えてもらいました・・これが、昔取った杵柄?ですかね。


親戚中が集まって、こういう餅つきをする風景はいいものですね。
つきたての餅を大根おろしや餡の中に入れて食べるのも美味しいですよ。


知人にお願いしてあった1臼分だけ丸餅をもらってきました。

[PR]

by hirospace | 2005-12-30 15:56 | 祭事 | Comments(2)  

Commented by tenpousen2 at 2005-12-30 22:18
行けない所が見られるのでリンクさせていただきました。
Commented by takako at 2005-12-31 16:02 x
艶のあるいいお餅です。これで上等のお正月ができますね。あわやきびのお餅はもう見た事がありません。杵を持つのは3人くらいいて数日餅つきをしていました。こういう風景も無くなると言う事は本当の味が無くなると言う事ですね。20年あまり前から機械のお餅を食べています。時々 杵でついたお餅ですと言うのをいただいた事があります。なつかしいです。

<< 除夜の鐘から初詣 加賀三湖からの白山 >>