大寒

旧暦の中で24節気の最後の節です。
気候的にも一年中で、一番寒い頃にあたり北と南では温度差も広がります。
最低気温も大寒から立春までの間に記録されることが多いですね。

去年はこの頃から寒波に見舞われたようですが、
今日は晴れて暖かいになっています。
でも、週末は雪になるところもあるようです。

近くの田んぼにも雪は見られなくなりましたが、
朝方の冷え込みで薄氷が張っていました。
白山も雪が凍って光っています。


少し山手に行くと、まだ雪が残っています。
橋の欄干に凍結防止に付けられている装置からの水が凍結してツララになって
細い管の模様のように繋がっていて、面白い光景を目にしました。

この橋の付近の川原にはまだ雪がたっぷり残されてありました。

[PR]

by hirospace | 2006-01-20 14:49 | 風景 | Comments(2)  

Commented by mif-yu1018 at 2006-01-20 16:52
橋の欄干のツララ まるで ソーメン(寒麺)を干してるようですね~
白山の雪が凍って光ってる様子がとても清々しいです。
Commented by mshin11 at 2006-01-21 10:54
いつもながら冬らしい画像に驚いています。
私が見られないところですから・・・
いつもありがとう。

<< 雪に埋もれる合掌集落村(五箇山... 寒餅 >>