雪に埋もれる合掌集落村(五箇山・菅村地区)

夕方の5時半から、白川郷のライトアップが行われるので、
昨日からどうしようか?迷っていました。
それは去年の混雑で嫌になって、来年は来ないぞ!と思ってもいたからです。
でも、ダメなんですね。(笑)時間が迫ってくると、車に乗って向かっていました。
家から白川郷までは約100km高速道路に乗れば、白川郷まで1時間で着いてしまいます。

ちょっと、時間も早かったので、東海北陸道の五箇山ICで下りて、
五箇山の菅沼地区の合掌集落村に寄りました。
世界遺産は岐阜県・白川郷と富山県・五箇山の2つの地区を含めて指定されています。

R156から見下ろすと、村は雪に埋もれていました。
それでも、雨が降ったり晴れた日もあってので、屋根の雪はかなり落ちていました。

駐車場には車は1台もなく、村の中も見学している人は誰一人いませんでした。

トイレも公衆電場ボックスも寂しそうでした。

白川郷は人気の観光地になって、しっかり整備されて、お店も多くて
いつ行っても沢山の観光客で賑わっていますが、
ここは地味で、昔の生活がそのまま受け継がれている雰囲気もあって、僕は気に入っています。

でも、この村も観光には力を入れていて、時期は違いますが
ライトアップや春や秋には伝統の民謡と踊りが催されています。

白川郷は早く行かないと、また混雑しているだろう!と気になって、
早々に切り上げて、向かいました。
(白川郷は明日の日記に続きます!)
[PR]

by hirospace | 2006-01-21 23:47 | 風景 | Comments(3)  

Commented by tenpousen2 at 2006-01-22 18:57
以前お盆休みに白川郷に行ったことがありましたが雪の季節も良いものですね、明日の写真楽しみです。
Commented by aturin88 at 2006-01-22 23:11
白川郷は雪がとても似合う所です。
見せていただくにはとても美しくて・・・情緒のある村ですが・・・
生活には大変なのでしょうね。
Commented by takako at 2006-01-23 18:59 x
しっとりと風情のある写真集を楽しみます。ひとこま ひとこま何度も拝見します。雪の中で暮らすには どんな仕事を持っていたらいいのだろう。
アラスカでは観光客の来る夏の3ヶ月 だけ町がオープンするところもあります。

<< 白川郷のライトアップ 大寒 >>