雪だるま・・その2


昨日、いいとこ取り?したので、今日はご期待に沿えるほどの写真はないかもしれません・・。

この地区だけでは200人の方が住まれていて、約500個の雪だるまが
各家や広場などに作られてありました。(白峰全体で2千人で約5千個です)

大きな滑り台では見物に来た子供たちが、そり遊びに歓声を上げていました。

村内には特設の売店が設けられて、特製ラーメンや岩魚の塩焼きが売られていたり、
ウォークラリーに申し込みをすると、見学しながら、、堅豆腐の味噌汁、トチもちぜんざいなどを食べられるようになっています。

準備に1週間以上もかかりますが、お祭りは各地区1日で、ロウソクが点って3時間ほどで消えると終わってしまいます。
過疎の村ですから、運営にも人手がかかることで、大学生などのボランテイアの応援に助けられています。

地味で規模の小さなの冬のイベントですが、村人の強い情熱と訪れる人の温かい思いで、幻想的な祭りが続いて欲しいと思いました。

[PR]

by hirospace | 2006-02-08 14:19 | 祭事 | Comments(2)  

Commented by mif-yu1018 at 2006-02-08 16:24
500個の雪だるま きょうのも可愛いですね(^_^)v
いろんな動物たちが仲良くしている一番上と下から2番目が・・・
こちらまで温かくしてくれています~♪
Commented by kureyon at 2006-02-08 23:51 x
私は・・・すべりだい!
遊んでみたいなぁ~  うん?年を考えなさい!って言われそうですね。
はい 考えてますよ。今まで生きた分 もう生きられないかもしれなから こんなすべりだいで遊んでみたいのです。ハハハ・・・

<< 雛飾り 雪だるま祭り >>