片山津温泉


総湯(共同浴場)の前で売られている「湯の花たまご」がお気に入りで、
ここの温泉は塩分が多いので、温泉たまごも少し塩味がして美味しいんです。


今、仕事で温泉旅館の改修工事をしているので、
打ち合わせの後、買って来ました。

加賀温泉郷(山中、山代、粟津を含めて)の中で、
バブル以後関西からの団体旅客の減少で打撃が一番大きかった温泉です。
何軒もの旅館・ホテルが倒産や廃業に追い込まれました。


個人の旅行客を誘致するために露天風呂を作ったり、施設の改築にも取り組んでいますが、なか~減少には歯止めがかからないようです。
その一方で他県のリゾート開発業者などが買収して、新たに営業するところも出て来ています。
いろんな嗜好が二極化する中で、高級化指向の旅館と低価格路線の宿とに分かれていくようです。


片山津温泉は大きな柴山潟に面して、潟越しに白山の山並みが見えて、風光明媚な場所なんですが、
他に大きな観光ポイントが無いようにも思います。
先日も近くにあった日光江戸村の姉妹版・・加賀時代村の大型テーマも閉鎖しました。
合計108ホールもある名門・片山津ゴルフクラブも一時ほどの賑わいは無いようです。


「雪は天から送られた手紙である」という詩情ある言葉を残された中谷宇吉郎氏は、
この片山津の出身で、温泉の横に「雪の科学館」が建てられてあります。
近隣の学校の遠足コース似にはなっていますが、一般の方の来場は少ないですね。
屋上展望台からの白山の眺めもいい所です。

[PR]

by hirospace | 2006-03-15 19:07 | 風景 | Comments(1)  

Commented by mif-yu1018 at 2006-03-16 11:40
こんにちは。 片山津温泉有名ですね~♪
人工雪の結晶の中谷宇吉朗博士は 片山津の方でしたか。
雪をイメージした 六角塔3棟 何時か訪ねてみたいです。

<< サンシュユ 本当にホワイトデーになった >>