塩の道祭り

古くは日本海の塩を内陸部に運ばれた「千国(ちぐに)街道」を「塩の道」と呼ばれています。

千国街道の名は、古くは北陸道からは姫川沿いに遡上し、安曇野・松本平を縦貫して、信州の東山道、木曽街道へ通ずる道でした。

近世にあっては、松本城下から糸魚川までの120kmの間を、越後では松本街道、信州では糸魚川街道と呼ばれ、信州と越後を結ぶ動脈として塩・麻などの物資が牛馬と歩荷(ぼっか)によって運ばれていました。

この地域は豪雪地帯である上に険路が多く、物資の輸送は難渋を極めたので、華やかな大名行列や参詣路としての賑わいはありませんが、

安曇野の豊かな田園地帯を貫き、仁科三湖(木崎湖、中綱湖、青木湖)をめぐり、北アルプスを仰ぎうつくしい風向の地を辿っています。

戦国時代、越後の上杉謙信が甲斐の武田信玄に「敵に塩を送る」という美談で知られているのも、この街道を牛馬の隊列を作って運んだのです。

塩の道祭りは5月3日小谷村、5月4日は白馬村、5月5日は大町市の3地区で約10kmの道を歩くのですが、

「昔の旅姿をして、歴史の道を歩く」という白馬の観光協会が企画するエキストラとして参加して来ました。(100名ほど?)
一般の歩くツアーに参加されている方のほうが多くて、参加者は2000人ほどです。


僕は歩荷に格好をして歩きましたが、意外と似合っている?ような気がしました。(この姿に憧れもありました)


エキストラの人たちは他に、お百姓、町人(娘)、侍の格好など様々でした。


途中、花嫁行列も加わって当時の面影をかもし出していました。


地元の小学生「白馬っ子」たちとも触れ合いも楽しかったです。


途中では村の人からは途中の休憩所で山菜おこわ、団子、蕎麦、甘酒、漬物などを振舞って頂きました。


また、味噌を塗りつけたおにぎりのお弁当はとても美味しかったです。


東京から参加されていたMさんの素敵なお家族にはすっかり仲良しにして頂いて、一人ぽっちの僕には楽しい時間が過ごせました。(ありがとうございました!)
元くん(4歳)・・すごく元気な可愛い子で、自分の足で完歩しましたのは驚きました。


天気にも恵まれて、遅れた桜が咲いて、残雪の北アルプスの山々(後立山連峰、白馬三山)が美しかったです。

通行手形、完歩証、記念品と余暇に作ったわら細工など・・お土産一式
[PR]

by hirospace | 2006-05-05 19:22 | 祭事 | Comments(6)  

Commented by kiureyon at 2006-05-05 20:51 x
北アルプスがとってもきれい。「塩の道祭り」その歴史は深くわからないけど、こうやって残していくということも大切なことなのでしょうね。。東京からのご家族はとってもいい雰囲気!私も参加してみたいです。来年は連れていってください!
Commented by のの ☆ at 2006-05-05 22:41 x
初めてこういう行事を見ました!足袋や草履で歩く感触ってどんなでしょう~ 先日の記事を読んで自然観察会のサイトを見てきました
山は初心者なので 医王山から始めてみようかと思います 去年の秋に医王山を散策しようと友達と娘と5人で出かけたんですが 雨がひどくなって 駐車場で断念したので リベンジです♪
Commented by mayaha at 2006-05-06 08:52
楽しそうなイベントですね、塩の道、惹かれます~険しい地形をぬって塩を送る、京都の鯖街道以上に必要欠くことのできない道ですね。
Commented by mif-yu1018 at 2006-05-06 11:01
塩の道祭り 「昔の旅姿をして、歴史の道を歩く」
いいイベントですね。hiroさんの歩荷姿、、、その場の雰囲気にぴったり!
栂池(黒四ダムからアルペンルートのツァー)には、以前行った事があり、一番上の写真の場所が印象深いです~♪
Commented by tenpousen6 at 2006-05-06 19:16
私も古道を歩くのが好きなのでこんなに天気の良いとき自然を満喫して歩けたなんて羨ましいです。福島からも塩の道があるのですが、20kmほどを歩いたことがありましたが又歩いてみたいです。
Commented by takako at 2006-05-07 01:25 x
ふれあいの旅ですね。地方に行てもお祭りに参加出来るのは羨ましい。歩荷という言葉もいいですね。初めて聞きました そして文字に感心しました。
仕事着に興味があります。歩きやすく出来ているとか、肩を動かしやすく考えられているとか みつけられると昔の生活のアイデアと知恵に魅せられます。手甲は今の手袋にあたるのかなと想像しますが、 どうでしょう。足袋も歩きやすそうですね。使ってみたい気持ちがします。絣も都会ではなかなか見なく成りましたから新鮮な気分で拝見しました。近所を散歩する年配の方で帽子のかわりにひろさんがかむっていらっしゃる笠をかむっている方があって 親近感がわきます。通行手形 完歩証 藁の草履、かわいい一輪挿しもいいです。塩の道 険しいけれど運搬に時間が短縮できたのかな。など想像してみます。

<< 信州・小谷と白馬の自然 寒い八十八夜 >>